VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

Apple、ARメガネを開発中か?関係者からの情報が流出! - VR Inside

Apple、ARメガネを開発中か?関係者からの情報が流出!

     

海外メディアEngadgetは、2016年11月15日の記事において、AppleがARメガネを開発中というリーク情報を報じた。

20161116_apple_1

同メディアによると、2016年11月14日、海外メディアBloombergはAppleがARメガネを開発中であると報じた。

Bloombergにリーク情報を提供したある匿名の関係者が言うには、AppleはこのほどSnapchatが開発したウェアラブル・カメラ「Spectacle」、Google Glassの遺産を受け継いだプロジェクト「Project Aura」に関してディスカッションした後、ハードウェアサプライヤーに「目に近いところにディスプレイのあるデバイスを少量」テスト用に発注した、とのこと。

リーク情報によれば、このARメガネらしきデバイスは、iPhoneとワイヤレスで連携して、文字情報や画像をユーザーの視野に表示するようだ。

そして、同デバイスに関する発表は早ければ2018年には明かされると思われるが、秘密主義で名高いAppleのことなので、開発中のデバイスが「闇に葬られる」ことも十分にあり得る、とのことだ。

Appleが特許を取得したiPhoneで動作するARマッピング機能

Appleが特許を取得したiPhoneで動作するARマッピング機能

現時点でApple製のVR/ARデバイスは存在しないものも、今年に入ってからApple CEOのTim Cookが度々ARへの傾倒を吐露していること、AR関係の人材を雇い入れていること等から、Appleが近いうちに何らかのARデバイスをリリースするのは確からしい、と見ることで多くの海外テクノロジー系メディアが一致している。

今回のリーク情報で思い出されるのが、最近Appleが特許を取得したiPhoneのカメラを使って地図情報をAR表示する機能だ。

特許文書ではiPhoneをカメラをユーザーに見えている場所に向けると、ディスプレイに地名や道順等の情報がオーバーレイ表示されると説明されているのだが、同機能をARメガネに実装するというアイデアは多いに考えられる。

つまり、ARメガネに実装されたカメラからの画像をiPhoneに転送した後、iPhoneで地図情報を付加した画像を生成して、再びARメガネのディスプレイに(もしかしたらHololensのように)オーバーレイ表示する、という仕組みだ。

このほどリークされたデバイスは、もしかしたらApple初のARデバイスであると同時に、Apple Watchに続くウェアラブルデバイスになるのかも知れない。

AppleがARメガネを開発中であるというリーク情報を報じたBloomberg記事
https://www.bloomberg.com/news/articles/2016-11-14/apple-explores-smart-glasses-in-wearables-push

参照元URL:https://www.engadget.com/2016/11/15/apple-testing-augmented-reality-glasses/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

吉本幸記

Writer: 千葉県在住のフリーライター。ITエンジニアとしてスマホアプリの開発等に携わった後、 フリーライターとして独立。VRをはじめとした最新テクノロジーがもつ社会変革の可能 性に注目している。 http://resume21century.blog.fc2.com