VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

2017年4月12日から「Continental Hockey League」がVRでライブ放映開始 - VR Inside

2017年4月12日から「Continental Hockey League」がVRでライブ放映開始

     

VR_KHL_eng

2017年4月12日から始まるアイスホッケーの大会「Continental Hockey League」をGear VR、HTC Vive、Oculus RiftGoogle Cardboardで360度ライブストリーミング視聴が可能に。

Continental Hockey Leagueについて

「Continental Hockey League」は別名、Kontinental Hockey League、またはそれを略してKHLなどと呼ばれる大会で、2008年から始まったアイスホッケーの大会である。

代表国はロシア、フィンランド、ベラルーシの3か国で、東ヨーロッパやアジアの29つのクラブメンバーから参加者が集まる。

今後は規模拡大も望まれているようだ。

公式ホームページ
http://en.khl.ru

ライブストリーミングについて

prosense

ライブストリーミングを手がけるProSenseは、ProSense専用アプリ以外のプラットフォームでの視聴を可能にするため、CocaColaの協力を得た。

ProSense専用アプリ以外のプラットフォームとは、Samsung Gear VR、HTC Vive、Oculus RiftGoogle Cardboard、そしてYouTubeである。

この放送は大会開始の4月12日から、大会終了の4月20日まで行われる。

ProSenseは今後、アイスホッケー以外のスポーツイベントの360度放送にも取り組んでいくようだ。

視聴は以下のリンクから。
Gear VRHTC VIVEOculusGoogle Play

参照:VRfocus
URL:https://www.vrfocus.com/2017/04/prosense-introduces-multi-platform-ice-hockey-streaming/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

Kawasaki

Writer: 1996年生まれ。ドイツ在留。肉体と物理の限界を超えた「新しい世界」を創り出し、それを体験できるVRに興味を持ち、その最新動向を追っています。