VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

Microsoft、Hololensから見えるホログラムをシェアする機能「Spactator View」のデモ動画公開 - VR Inside

Microsoft、Hololensから見えるホログラムをシェアする機能「Spactator View」のデモ動画公開

   

海外メディアUploadVRは、2017年2月13日の記事において、Hololensの「Spectator View」機能を紹介した。

20170214_spectator_1

最近よく見るようになったHololensのデモ動画は、Hololensを装着したユーザーから見えるホログラムを見せるものがほとんどだ。というのも、Hololensから見えるホログラムはHololensに実装されたレンズを通してしか見ることができないからだ。別の角度から言えば、Hololensユーザーがどのようなホログラムを見ているか第三者的な視点から見ることができなかった。今までは。

同メディアによると、2017年2月13日、MicrosoftはHololensが投影するホログラムを第三者的な視点から見ることを可能とする機能「Spactator View」が実行されているデモ動画を公開した。

同機能を簡単に説明すると、Hololensユーザーが見ているホログラムを第三者的に見るために、Hololensを取り付けたカメラを用意するのだ。

同機能を実行するための手順をもう少し説明すると、必要なものは2台のHololens、デジタルカメラ、そして環境構築に使うPCと専用アプリだ。デジタルカメラは、HDMI出力あるいはフォトキャプチャSDKに対応している必要がある。

環境構築に関する詳細は本記事下部に示したMicrosoft Dev Centerの該当記事に譲るとして、セッティングが完了したHololensをカメラに取り付けて撮影すると、Hololensユーザーが見ているホログラムに同期した動画を入手できるのだ(撮影までのセッティング手順は、以下の動画を参照)。

この「Spactator View」の応用事例には、次のようなケースが考えられる。例えば、Hololensから見えるホログラフィックなイメージやグラフを使ったプレゼンを、Hololensを装着していないヒトに見せる場合が該当する。プレゼンだけではなく、ゲーム実況にも応用できるだろう。

色々と夢が広がる同機能だが、いちばんの難点は現状で十分に高額なHololensをさらにもう1台必要とすることだ。もっとも、同デバイスのコンシューマー版がリリースされる前に、もっと安上がりな代替手段が現れそうではあるが。

いずれにしろ、夢が広がるデモ動画を公開することからわかるのは、MicrosoftはHololensに賭けている、ということではなかろうか。今後も、興味深い同デバイスのデモ動画が公開され続けることは、想像に難くない。

Hololensの「Spectator View」機能を紹介したUploadVRの記事
http://uploadvr.com/microsoft-now-lets-film-mixed-reality-hololens-hack/

「Spectator View」機能を解説したMicrosoft Dev Centerの記事
https://developer.microsoft.com/en-us/windows/holographic/spectator_view#unity_app

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

吉本幸記

Writer: 千葉県在住のフリーライター。ITエンジニアとしてスマホアプリの開発等に携わった後、 フリーライターとして独立。VRをはじめとした最新テクノロジーがもつ社会変革の可能 性に注目している。 http://resume21century.blog.fc2.com

 関連記事