VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

【DCEXPO2016】VR技術をトレーニングや福祉スポーツ応用を試みた「オムニジャンプ」を体験 - VR Inside

【DCEXPO2016】VR技術をトレーニングや福祉スポーツ応用を試みた「オムニジャンプ」を体験

     

2016年10月27日から日本科学未来館で3日間開催される「DCEXPO2016」にて株式会社ハシラスから出展の「オムニジャンプ」を体験しました。

オムニジャンプ

本コンテンツはVR技術を身体の活性化やトレーニング、福祉スポーツに役立てようとする試みとしたものです。

体験してみて

オムニジャンプ

体験者はまず専用のトランポリンに乗り、ゴムの力で高く飛べるような装置を体に装着します。

オムニジャンプ

VIVEのHMDを装着して体験スタート。実際に飛び跳ねることでゲーム内でも飛ぶことができ、風船をいくつ割れるかというゲーム。

オムニジャンプ

運動神経の優れた当サイトの取材ライターに体験させました。

現実では小さなジャンプでも、違和感なくVR内で高い跳躍をしたような迫力があり楽しく飛び跳ねていました。
トランポリンのジャンプによる激しい動きでもトラッキングには遅延なく良好で自然に没入出来ました。

オムニジャンプ

制限時間内で12個の風船を割ることに成功(10個程度割ることができたら平均スコア)。

ゲーム感覚で運動に熱中、体験したライターはスポーツが苦手でしたが楽しく運動ができた模様。

ツリハシコウカ

取材時は調整中で体験できませんでしたが、オムニジャンプのほかに空中に渡された橋の中心でで女の子と出会うVRコンテンツ「ツリハシコウカ」も出展されてた。

担当に聞いたところ、かなり恐怖体験ができる内容になっており、その名の通り「吊り橋効果」が期待できるとのことです。

短期間で開発

今回出展のコンテンツはデジタルコンテンツEXPOに合わせて今まで開発してきたものを上手く流用しながら1~2週間程度で開発したとのこと。

今回のオムニジャンプも過去に開発した「座間味 ロケットジャンプ」などがベースにあるのではないかと感じました。短期間でコンテンツを仕上げるノウハウ・ベースがあるのは多数のVRアトラクションを手掛けたハシラスさんならでは。

コンテンツの企画に関してはVRプロデューサー藤山晃太郎氏が担っているそうです。
藤山晃太郎氏

VRプロデューサー藤山晃太郎氏
http://www.wazuma.jp/

株式会社ハシラス
http://hashilus.com/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

トモ

Writer: 何十年も前からあるVRがようやく一般で広まりつつあるなか、課題は「ハード」と「体験」の2軸と思っています。これからリリースされる新しいVR機器を余すことなく紹介すること、そして体験したVRの良さを少しでも伝えることでVR市場の成長に貢献します。