VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

VRでつぶやきが見れる?!TwitterがAR/VR開発チーム作成 - VR Inside

VRでつぶやきが見れる?!TwitterがAR/VR開発チーム作成

        2016/08/31

UploadVRによれば、TwitterがVRとAR開発のために新しいチームを作ったことがわかった。

TwitterはAlessandro Sabatelli氏をチームのディレクターとして雇っている。

Sabatelli氏は元アップルのデザイナーで、iTunes music visualizerの開発に携わっており、iOS、OS X、Watch OSのインターフェイスデザイナーでもあった。

そのあとはIXOMOXIという会社でVRとARの開発に携わっている。

Lucyと名前がつけられたSabatelli氏とIXOMOXIの初Gear VRアプリはpass through cameraという機能を使ってフィルターを通して世界を見れるものである。

Twitter-VR

Twitter-VR

Sabatelli氏のアプリは彼が最近開発したユーザーインターフェースとデータビジュアライゼーションを使ったものになるだろう。

彼がとった特許を探ってみるとアップル時代に開発したARとVRに関した言語ベースユーザーインターフェースとロケーションベース通知システムがある。

これらはアップルが特許をもっているものだが、今回開発しているアプリもARとVRでのスペースコンピューティングに必要不可欠な言語ベースのインターフェースを使ったものになるとみられる。

[vimeo 166807261 w=640 h=360]

HYPER-REALITYではARを使って言語化した情報がレイヤーになったアーティストの視点をみることができる。

Twitterの開発中のアプリもこのようなものになると予想される。

チームのメンバーによるLinkedInプロファイルによると、彼らはコアとなる視覚体験を開発中である。コンピュータービジョンエンジニアの協力のもとAR開発も続行中である。

Magic Ponyがたくさん持つ動画特許もTwitterのVRとAR戦力において、特に360度ビデオなどのライブストリーミングなどで重要になってくるだろう。

Magic Ponyにおいても360度ビデオの挑戦は新しい可能性になる。

VR/AR開発チームが同社のイノベーションの幅を広げていくれることになりそうだ。

TwitterのシニアVPであるKevin Weil氏は「VRは素晴らしい世界だ。TwitterもVRデバイスとして素晴らしい成果をあげることができる。」と述べている。

完成までに長い期間がかからないことを期待するばかりである。

参照元:UploadVR
URL http://uploadvr.com/twitter-ar-vr-team-hire/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

kaho

Writer: ニューヨークの大学でFINE ARTを勉強中。VRにはアートスクールで関わり興味を持ちました。これから詳しくなっていけたらと思います。