VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

VRゲームの59%にUnityが使われている、しかし収益はUnrealがUnityの2倍 - VR Inside

VRゲームの59%にUnityが使われている、しかし収益はUnrealがUnityの2倍

   

海外メディアUploadVRは、2017年3月5日の記事において、UnityとUnreal双方のCEOのインタビューを報じた。

20170306_gameengine_1

同メディアは、先週アメリカ・サンフランシスコで開催されたGDC2017において、VRアプリ開発に使われるゲームエンジンを代表するUnityとUnrealに関して、それぞれの開発元CEOにインタビューした。

2016年160億回ダウンロードされたUnityゲーム

まずUnityのCEOであるJohn Riccitiello(本記事トップ画像参照)にインタビューしたところ、2016年におけるUnityで開発されたゲームのダウンロード回数は160億回にのぼり、2015年に比べて31%増加したと言う。

さらに同氏は、調査会社VisionMobileの調査結果を引用して、59%のVRゲームの開発にUnityが使われたことを述べた。さらには、ダウンロード数トップ1,000にランクインしている無料ゲームのうち38%がUnityで開発され、Daydreamアプリの半分以上がUnityによる開発、とのこと。

開発者に100億ドル以上の利益をもたらしたUnrealエンジン

20170306_gameengine_2

対してUnrealエンジンを開発するEpic GamesのCEOであるTim Sweeney(上の画像参照)にもインタビューしたところ、2016年の同エンジンによる収益は2015年の2倍となり、同エンジンがリリースされて以来、100億ドル(約1兆1,000億円)もの利益を開発者にもたらしてきた、と述べた。

同氏はさらに以下のようにコメントしている。

私が考えるには、Unrealによる収益はUnityのそれのおよそ2倍です。この数字は、利用者はUnityの方が多いことを考慮すると、素晴しい数字です。

こうした高収益の原因は、Unrealがハイエンド・ゲームに焦点を絞っているからです。

同氏によれば、同エンジンによって開発されたハイエンド・ゲームとして有名なLineage2 Revolutionは、1億7,600万ドル(176億円)の収益をリリース後の最初の1ヶ月で記録したという。

以上、UnityとEpic Games双方のCEOのインタビューからわかるのは、Unity・Unrealともに業績は好調であるが、カジュアルゲーム市場に強いUnityハイエンド・ゲーム市場に好まれるUnrealというかたちで棲み分けが進んでいることだ。

積年のライバル関係にあるゲームエンジンの両雄は、今後もゲームエンジン市場を牽引していくことは間違いない。

UnityとUnreal双方のCEOのインタビューを報じたUploadVRの記事
https://uploadvr.com/vr-developers-unity-unreal/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

吉本幸記

Writer: 千葉県在住のフリーライター。ITエンジニアとしてスマホアプリの開発等に携わった後、 フリーライターとして独立。VRをはじめとした最新テクノロジーがもつ社会変革の可能 性に注目している。 http://resume21century.blog.fc2.com