VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

HTC Viveの売上が思わしくない・・・その理由は?? PSVRやOculus Riftには及ばず - VR Inside

HTC Viveの売上が思わしくない・・・その理由は?? PSVRやOculus Riftには及ばず

   

HTC ViveとOculus Rift

最新の調査によると、2016年HTC Viveの売上はPSVRやOculus Riftに及ばないとVRSourceが報じた。

HTC Viveの売上が低い理由

本体の価格

多くのヘッドセットは、かなり高価なものだ。比較的安価なPSVRでも399ドル、Oculus Riftは599ドル、HTC Viveにいたっては799ドルである。一般の利用者にとっては手を出しにくい価格だ。しかも、この値段にはヘッドセットを利用するために必要となるゲーミングPCの価格は含まれていない。必要なハードウェアを持っていないユーザが大金を支払ってヘッドセットを購入することはそうそうない。これが、HTC Viveの売上がPSVRやOculus Riftに遠く及ばないと言われている理由の一つである。

HTCは、2016年の末までに45万台の出荷を予定している。一見すると悪くない数字である。しかし、同じ調査によればOculusは65万台のRiftを出荷し、PSVRは150万台が販売される見込みだ。Viveがこの三つの中で最初に発売されたことを考えると、残念な予測である。しかし、数字は嘘をつかない。価格が売上に影響を与えていることは確実である。

必要なハードウェア

価格の他に考慮しなければならない要素は、各ヘッドセットを実行するのに必要となるハードウェアである。PSVRは、プレイステーション4があれば利用できる。PS4がある家庭は、ゲーム用PCがある家庭よりもはるかに多い。発売から、4000万台以上が出荷されているのである。これは、PSVRを利用できるハードウェアがそれだけ豊富にあることを意味している。そのため、PSVRならば多くのユーザが400ドルでVRを体験できる。

Oculusは、必要なハードウェアの点でもHTCに優位を取っている。Oculus Connect 3で登場したAsynchronous Space Warp技術を利用してRiftを動作させる方がはるかに簡単である。この技術のおかげで、OculusはPCに求める処理能力を低くすることができた。以前はビデオカードとしてGeForce GTX 970を必要としていたが、現在はGTX 960または1050Tiで良い。AMDであれば、R9 290からFX 4350まで必要スペックを低下させることに成功した。CPU要件もインテルCore i5 4590からi3 6100まで低下している。もしくは、AMD FX 4350でも良い。このスペックであれば既に満たしているユーザも多いため、新たなハードウェアに投資することなくRiftが実行できる。

HTC Viveがこのような苦境に立たされているのは残念だ。しかし、HTCはワイヤレスアタッチメントをリリースしたばかりである。今年のCESで全く新しいヘッドセットを発表するという噂もある。このヘッドセットは現在のViveよりも低い価格でRiftやPSVRを超える体験を提供できるかもしれない。

売上が小さいとは言っても、Viveの売上はHTC総売上の12%を占めている。

参照元サイト名:vrsource
URL:http://vrsource.com/vive-lags-in-sales-6708/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

ohiwa

Writer: ライター兼システムエンジニア。VR・ARには、「SFっぽい!」というシンプルな理由で興味を持つ。仕事以外ではボードゲームやTRPGで遊び、本を読んで花を育てるアナログ人間。万年筆と着物・和菓子が好き。

 関連記事