VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

VRコンテンツを開発できるアプリ『VRTK』のバージョン4がクラウドファンディングに登場 - VR Inside

VRコンテンツを開発できるアプリ『VRTK』のバージョン4がクラウドファンディングに登場

     

VRTK

VRコンテンツを開発できるアプリ『VRTK』のバージョン4がクラウドファンディングに登場した。

『VRTK』とは

『VRTK』とは、「Virtual Reality Toolkit」の略で、アプリケーション開発支援ライブラリである。

現在はVRTKバージョン3が無料で使用可能で、対応しているのはOculus Rift SDK、HTC社のVive版SteamVRである。

多くのスタジオに使用されており、バージョン3で制作されたタイトルの例は

「QuiVR」、「CarCar Crash」、 「Deisim」、「Manastorm」、「Vive Spray」などである。

その『VRTK』のバージョン4が今回クラウドファンディング「キックスターター」に登場したということだ。

VRTKの説明をした2016年12月26日の投稿
http://vrinside.jp/news/htc-vive3_voyagegroup_vr/

『VRTK』バージョン4とは

『VRTK』バージョン4はクラウドファンディング「キックスターター」に、目標金額15万ポンド(約2100万円)で登場した『VRTK』シリーズ。

15万ポンド(約2100万円)の資金調達を2017年2月17日までを目標に打ち出され、1月19日現在の調達金額は21,398ポンド(約300万円)である。

対応する機器も増える予定で、Oculus Rift SDK、HTC社のVive版SteamVRに加え

Google Daydream、Samsung Gear VROSVRにも対応予定である。

『VRTK』バージョン4のクラウドファンディングページ
https://www.kickstarter.com/projects/thestonefox/virtual-reality-toolkit-vrtk-version-4-and-beyond/description

『VRTK』バージョン4の特徴

・Google Daydream、Samsung Gear VROSVRにも対応予定

・将来的VRアクセサリーをサポート

・バージョン3より改良、改善

・Playmakerなどの視覚的スクリプト・プラグインをサポート

・テキスト・インプット・ソリューション

・アンチ・ハラスメント・ソリューション

・ロコモーションの追加

・3Dコントロールの追加

・トンネリングなどのカメラエフェクト

・ステレオオーディオ

・Unity Asset Storeの通常アップデート

・example scenesの向上

・VRTKの使い方チュートリアル動画の追加

・VRTKでのマルチプレイヤーの組み立て方チュートリアル

・オンラインのヘルプドキュメントの向上

参照:Vrfocus
URL:https://www.vrfocus.com/2017/01/vr-solution-builder-virtual-reality-toolkit-seeks-kickstarter-funding/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

Kawasaki

Writer: 1996年生まれ。ドイツ在留。肉体と物理の限界を超えた「新しい世界」を創り出し、それを体験できるVRに興味を持ち、その最新動向を追っています。