VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

Acer、ヘッドストラップを改良したMRヘッドセットを来月発売 - VR Inside

Acer、ヘッドストラップを改良したMRヘッドセットを来月発売

     

ヘッドストラップが改善されたMRヘッドセット

装着感を改善して消費者向けに発売予定のMRヘッドセット

Acerは、マイクロソフトのWindows Mixed Realityに対応するMR(VR)ヘッドセットの開発者キットを発売した。

MRヘッドセットは、HTC ViveやOculus RiftといったPCベースのVRヘッドセットに比べて低スペックのパソコンでも利用できる、外部にセンサーを設置する必要がないインサイドアウトのトラッキングなどの特徴がある。また、価格も4万円とやや安価だ。

日本向けにも販売されたが、開発者限定のデバイスにもかかわらず予想を上回る予約によって売り切れとなってしまった。

このMRヘッドセットがヘッドストラップの改良を受け、10月には消費者向けに発売されるという。

消費者向けヘッドセット

Acer MRヘッドセット

発売された開発キット

開発キットの発売から消費者向けデバイスの発売まで間が空いていないこともあり、デバイス本体は(ほぼ)同じものになりそうだ。一方で、ヘッドストラップは改良されるという。

ヘッドストラップの改良

開発キットでは、ヘッドストラップはベルトのような仕組みになっていた。デバイスを装着するときには頭のサイズに合うように引っ張って締め付け、取り外すときにはバックル部分にあるボタンを押してベルトを緩めるのだ。

このバックル方式でもヘッドセットの固定は可能だが、消費者向けデバイスでは他社のVRヘッドセットで採用されているようなノブを使う方式になるとみられる。Acerの製品紹介ページに掲載された画像では、後頭部に来るヘッドストラップの下部にノブがあるのが見える。

また、後頭部に当たるヘッドストラップの内側にクッション素材が追加されたことで装着感も改善するはずだ。長時間デバイスを使用する消費者には嬉しい改良である。額に当たるクッションも、開発キットに比べて大きく、分厚くなったようだ。

残された機能

ヘッドストラップを使ってヘッドセットを固定する方式が変更された一方で、画像を見るとディスプレイ部とヘッドストラップを繋ぐヒンジが残されていることが分かる。

消費者向けのヘッドセットでも、いちいちヘッドセットを取り外すことなくディスプレイ部を跳ね上げて外を見ることが可能になるようだ。ヘッドセット全面に搭載されたカメラが捉えた映像をディスプレイに表示することもできるが、直接何かを見たいときには役に立つかもしれない。

特定の機能というわけではないが、ヘッドストラップの固定方式が変更されたことで重量やそのバランスも変化しているだろう。VRヘッドセットはディスプレイのある前方が重くなってバランスが悪くなりがちだ。改善されたヘッドストラップはバックルよりも重量が増し、パッドが頭に触れる面積も広いので安定感が増しているのではないかと思われる。

MR体験の改善

ヘッドホンとMRヘッドセットを付ける

MR体験にはヘッドホンが必要になる

専用音声システム

ヘッドストラップを改良することで装着感の改善を目指すAcerのMRヘッドセットだが、Road To VRでは音声システムがないことが指摘されている。

AcerのMRヘッドセットでも、他のWindows MRヘッドセットと同じく一般的なヘッドホンやイヤホンを使って音を聞くことになる。HTC Viveには公式のデラックスオーディオストラップが存在するが、MRヘッドセットには専用のサラウンドシステムが用意されていないのだ。

Viveでは、デラックスオーディオストラップを使うことでヘッドセットが安定する効果もあり、VR体験の質が高まる。デラックスオーディオストラップは12,000円と決して安価なアクセサリではないが、それでも発売直後には完売してしまったほどの人気だ。

公式のアクセサリではないが、PSVRにはBionikのMantisがある。PSVRの形状を考えてデザインされた専用デバイスなので、装着感は一番だろう。

体験の質を決める上で重要な要素となる音。MRヘッドセット用にも、ユーザの邪魔にならないような専用ヘッドホンが発売されるものが出てくるかもしれない。

コントローラー

AcerのWindows MRヘッドセットは、コントローラー同梱版が今年の末に発売予定とされている。ヘッドセットを装着した状態でマウスとキーボードを使うのは不便なので、多くのユーザがコントローラーを購入することになるだろう。

このコントローラーの性能によってもMR体験の質は全く変わってくる。現在のMRデバイスはまだまだ開発キットの状態なので、評価が定まるのは関連機器が揃ってからになりそうだ。

 

AcerのMRヘッドセットは先日開発キットが発売されたばかりだが、来月には消費者向けデバイスが発売される予定だという。価格は不明だが、ヘッドストラップ部が改良されて装着感が向上しているようだ。

 

参照元サイト名:Acer
URL:https://www.acer.com/ac/en/US/content/series/wmr

参照元サイト名:Road To VR
URL:https://www.roadtovr.com/acer-upgrades-vr-headset-mixed-reality-headstrap-consumer-launch/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

ohiwa

Writer: ライター兼システムエンジニア。VR・ARには、「SFっぽい!」というシンプルな理由で興味を持つ。仕事以外ではボードゲームやTRPGで遊び、本を読んで花を育てるアナログ人間。万年筆と着物・和菓子が好き。