VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

ディズニーアニメ「リメンバーミー」のVR体験が登場 Rift&Gear VR対応で11月にリリース

2018/04/23 17:38

先日開催されたOculusのカンファレンス、Connect 4において、ピクサー初となるVRアニメーション「Coco VR」が発表された。これは米国で11月に公開されるディズニーアニメ「Coco(邦題:「リメンバーミー」)」をテーマにしたVR体験で、Oculus Rift、Gear VRで視聴可能となる。



概要

「リメンバーミー」の世界をVRで体験

Oh My Disneyによると、「Coco VR」アプリにはフェイスブックの技術を使用しており、よりソーシャル要素を重視したVRコンテンツを体験できるとのことだ。

視聴者は「リメンバーミー」の世界観に没入できるだけでなく、フェイスブックの友達と一緒に映画の世界を体験することが可能になるという。

「Coco VR」はディズニー&ピクサーとOculus、メディア企業のMagnopusの共同によって開発されたタイトルだ。現在のところ詳細な情報は不明であり、続報に注目される。

「リメンバーミー」について

ディズニー&ピクサーによるアニメーション映画「Coco」は2017年11月に米国で公開予定で、日本では「リメンバーミー」という邦題で2018年3月の公開を予定している。本作のストーリーは以下のようなものになる。

本作の主人公であるミゲルは、リヴェラ家に生まれた12の少年だ。靴作りを代々営むリヴェラ家は何世代にもわたって音楽を禁じていた。理由は、リベラの高祖母であるイメルダの夫が、音楽家を目指して家族を捨てたことに起因する。それ以来リヴェラ家では音楽が禁じられており、特にミゲルの祖母がこの決まりを重んじていた。

しかし、ミゲルは好奇心を抑えることができず、音楽好きな詩人である歌手、エルネスト・デ・ラ・クルーズのアドバイスを受けながら成長した彼は、ある日クルーズの墓を尋ねる。そこでミゲルは、クルーズの墓にかけられているギターを演奏する。しかしその日は「死者の日」(故人を回想する日)だった。墓場泥棒となってしまったミゲルは死者の国に迷い込んでしまう。そこで音楽を禁じられてきたリヴェラ家の先祖たちと出会う。

イベントで先行体験が可能

「Coco」の世界をVRで体験できる「Coco VR」は米国で開催されるイベントにて先行体験ができる。国内で開催される「Dia de los Muertos(=死者の日)」関連のフェスティバルで体験できる他、10月28日にロサンゼルスにて開催されるCamp Flag Gnaw Music Festivalでも体験可能だ。

また幾つかのディズニーストア、もしくはシアターでは11月22日から体験可能となる。

Rift、Gear VR対応でリリース

「Coco VR」はOculus Rift、Gear VR対応のアプリとしてリリースされる。Rift版は11月15日、Gear VR版は11月22日にそれぞれリリースされる予定だ。



様々なファミリー向けVRアニメーションが登場/リリース予定

「ASTEROIDS!」

本作はBaobab Studiosが過去にリリースしたヒット作VRアニメ「INVASION!」の続編であり、二人のエイリアンをコミカルに描く内容となっている。ポップな作風と万人向けするファンタジー感に溢れる作品だ。

1作目である「INVASION!」では主人公は白いうさぎであり、サブキャラクターとして地球に侵略したエイリアンであるMacとCheezが登場するが、「ASTEROIDS!」ではこの二人のエイリアンが主人公となる。

前作の「INVASION!」が受動的にストーリーを鑑賞するコンテンツであったのに対して、「ASTEROIDS!」ではより視聴者とのインタラクティブ性を重視したコンテンツになるという。視聴者にコンテンツを楽しんでもらうだけでなく、コンテンツを通してキャラクターに思いやりを持ってもらうことが目的とのことだ。

参考:VRアニメーション「ASTEROIDS!」が12月にリリース予定、Google Daydreamで視聴可能

「Luna」

VRコンテンツ「Luna」は、アニメ調の幻想的な世界観を舞台に、ゲームやストーリーなどの要素を盛り込んだ体験重視型のVRコンテンツだ。

制作にはPS3タイトル「風ノ旅ビト」のプロデューサーが参加しており、ファンタジックでどこかミステリアスな世界をVRで楽しめる。本作はゲームやアニメというよりはVR体験と呼ぶほうがふさわしく、ゲーム性とストーリー性を融合した新感覚のVR体験をプレイできる。

参考:ゲームとストーリーを融合した新感覚のVR体験「Luna」が10月18日にリリース

「Raising A Rukus」

「Raising A Rukus」はファミリー向けのアクション、アドベンチャー作品だ。

主人公である双子の兄弟、AmyとJonas、そして彼らのペットであるやんちゃな性格の犬、Rukusが有史以前の恐竜時代にタイムスリップする。

本作には"Branching Narrative"という、ユーザーの選択によって物語の進行が変化するシステムが採用されている。

物語の特定の部分において、AmyもしくはJonas、どちらかのキャラクターの冒険を選ぶことが可能で、「Manifest 99」と同様、視線操作で選択肢を選ぶことができる。

参考:VRアニメ「Raising A Rukus」、Gear VRで視聴可能に

参照元:Road to VR Pixar Announces First VR Project ‘Coco VR’, a ‘Next level social experience’

参照元:VRFocus Get A Sneak Peek At Pixar’s Coco VR





フリーランスの翻訳ライター。XR、VTuber、人工知能を専門に各種メディアに寄稿しています。 Twitter: https://twitter.com/dsiwmr

最新ニュースを読む