VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

”ディスプレイ&VRで接客に利用”『CREWL』の量産を開始

ナーブ株式会社は、接客時のVR活用ニーズに応える設計で開発された、VR接客端末『CREWL』の量産を開始したと発表した。

main

CREWL、その特徴と活用事例

1.店舗接客を効率化する特許技術を活用

店舗カウンター据え置き時にはデジタルサイネージとして映像を表示する事ができる。

接客時には、画面部分を裏返すことで簡単にVR端末として使える仕組みになってる。

現在この仕組みは、「特許権」「意匠権」を出現申請中とのことである。

sub2

2.女性にも使いやすいデザイン

VR端末特有の、固定バンドが無いので髪型を気にすることがない。

肌に直接に触れる箇所が少なく、化粧崩れなどの心配も考えたデザインとなっている。

その他特徴

3活用事例

不動産事業者向けサービス「VR内見™」

『CREWL』は、 不動産の賃貸や売買で必要な、「内見」をVRによって提供するケースで利用されている。

 

sub1

sub3

・実地での内見数が減少し、内見に関わる移動時間・費用の削減の提案
・鍵を受け渡す工数の削減
に通じた接客の効率化、内見総数の増加への貢献が期待できる。

参照元:ニュースリリース


モバイルコンテンツ企業の(株)エムティーアイ、クルーズ(株)にてIT業界におけるコンテンツ事業に従事しその後、メディア運営企業、スパイシーソフト(株)に入社。 現在は同社執行役員兼VR専門メディア「VRinside」編集長を兼務。 1975年生まれの41歳。 詳しくはこちら

最新ニュースを読む