VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

ダッソー・システムズ、VRを使った都市計画体験デモを都市開発EXPOに出展

VR

ダッソー・システムズ、都市開発EXPOに出展。VRを使った都市計画体験デモを展示

ダッソー・システムズは、第2回【次世代】都市開発EXPO (2017年12月13日~15日、東京ビッグサイト)に出展することを発表した。

小間番号2-2でVRを使った都市計画体験デモを展示するとのことだ。

「3DEXPERIENCity」

「3DEXPERIENCity」は都市の3Dモデルとビッグデータを連携させ、都市の抱える様々な課題を「見える化」できる新しい情報共有プラットフォーム。

大画面タッチパネルで、レンヌ (フランス) の都市モデルを拡大・縮小させながら、騒音の分布状況や充電スタンドの配置プランを見ることが可能だ。

「バーチャル市長室」

最新のマルチユーザーVR技術を活用すると、複数の担当者が同一のバーチャル空間に入り込み、都市を疑似体験しながら、リアルタイムでこれからの街づくりを検討できる。

デモ脇のディスプレイに、VRギアを装着した参加者が見ている映像が映るということだ。

ダッソー・システムズについて

ダッソー・システムズは、3DEXPERIENCEカンパニーとして、企業や個人にバーチャル・ユニバースを提供することで、持続可能なイノベーションを提唱。

世界をリードする同社のソリューション群は製品設計、生産、保守に変革をもたらしている。

ダッソー・システムズのコラボレーティブ・ソリューションはソーシャル・イノベーションを促進し、現実世界をよりよいものとするため、バーチャル世界の可能性を押し広げる。

ダッソー・システムズ・グループは140カ国以上、あらゆる規模、業種の約22万社の顧客に価値を提供している。

より詳細な情報は、www.3ds.com (英語)、www.3ds.com/ja (日本語)を参照。

3DEXPERIENCE、Compassロゴ、3DSロゴ、CATIA、SOLIDWORKS、ENOVIA、DELMIA、SIMULIA、GEOVIA、EXALEAD、 3D VIA、BIOVIA、NETVIBESおよび3DEXCITEはアメリカ合衆国、またはその他の国における、ダッソー・システムズまたはその子会社の登録商標。

※掲載されているすべての商標、画像については、各所有者に帰属します。

関連記事をみる

VRを使えば「都市計画の失敗」を予防できるだろうか? | VR Inside

VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む