VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

GoogleがモバイルVRコンテンツのためにシステム「Daydream」に対応した開発プラットフォーム「Google VR」をリリース!

2016/09/26 13:05

海外メディアRoadtoVRは、2016年9月24日の記事において、GoogleがDaydream対応開発プラットフォームをリリースしたことを報じた。

20160926_daydream_1

同メディアによると、GoogleはこのほどハイエンドなモバイルVRコンテンツのためにシステム「Daydream」に対応した開発プラットフォーム「Google VR」をリリースした。

Daydreamとは、モバイルVRコンテンツ、専用VRヘッドセット、Daydream Readyスマホの3つから構成されるシステムで、今年のGoogleの開発者会議において発表されていた。

リリースされたGoogle VRとは、このDaydreamに対応したVRコンテンツを開発するためのプラットフォームである。

同プラットフォームは、すでにリリースされているGoogle Cardboard向けのコンテンツ開発にも対応していて、開発用APIもGoogle Cardboard用とDaydream用に分けて整理されている。

Google Cardboard用のAPIの仕様は概して単純なのに対して、Daydream用のそれは複雑な仕様となっているので、ハイエンドなVRコンテンツ開発に役立つとのこと。

また同プラットフォームは3種類のSDK(Software Development Kit)を提供していて、Androidはもちろんのこと、UnityとUnrealという2大VR対応ゲームエンジンでも開発が可能となっている。

以上のことから、Daydream対応VRコンテンツには、ビジネス系アプリだけではなくハイエンドな3Dゲームアプリもリリースされることが予想される。

専用VRヘッドセットおよびDaydream ReadyなスマホといったDaydeamに関するさらなる情報は、10月4日にGoogleが開催するイベントで明らかになるだろう。

Google VR公式サイト
https://developers.google.com/vr/

参照元URL:http://www.roadtovr.com/google-vr-sdk-daydream-launch-beta-unity-integration/

吉本幸記


千葉県在住のフリーライター。ITエンジニアとしてスマホアプリの開発等に携わった後、 フリーライターとして独立。VRをはじめとした最新テクノロジーがもつ社会変革の可能性に注目している。 http://resume21century.blog.fc2.com

最新ニュースを読む