VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

「開発補助金」と「独占」がVR開発のカギを握っている

2016/12/10 18:07

Out of Ammo

Out of Ammo

7日夜、ディーン・ホールはRedditでVRコミュニティ内のユーザーがデベロッパーを攻撃していることについての懸念を表明した。ホールは『DayZ』の生みの親であり、VRゲーム『Out of Ammo』を開発したRocketWerkzの現CEOである。補助金による開発やプラットフォームによる閉鎖的な囲い込みについては、何度も議論が巻き起こっている。閉鎖性の例として、Oculus Home Storeにあるゲームの多くが(ReViveを使ってハックしない限り)HTC Viveでは動作しない。

ホールは話す。
「このトピックを読むのは、過去6ヶ月の私にとって辛いことでした。戦略的パートナーである企業を何度も激しく攻撃しており、『OculusとFacebookの資金を奪った』『消費者を軽視した行動だ』といった発言がなされました。ひどすぎる決めつけがいつもあります。率直に言って、それは私にとってVR開発の意欲を削ぐものです。私たちのスタジオはHTC、ValveもしくはOculusから資金を受け取ったり、独占販売の契約をしたりはしていません。それなのに他の人を守ることになる投稿をするのは妙な感じです」

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=jAyvsRLyyrs&w=560&h=315]

RocketWerkzのVRタイトル、『Out of Ammo』は現在Steamで最も有名かつ人気があるゲームの一つだ。現在、HTC ViveとOculus Riftの両方を公式にサポートしている。このゲームは、アーリーアクセスへの登場以来安定して無料でアップデートされ続けている。今では完全なタイトルとして独立した拡張がリリースされようとしているところだ。

Redditで、ホールは彼が見てきたVRゲームの開発状況を非常にオープンに伝えている。
「私たちの視点から見ると、『Out of Ammo』は売上予測を超え、社内目標に達しました。それでも、全く採算は取れていません。これまでで利益が出ることは極めて稀でした。私たちはこの結果に満足しており、そもそもこうなるようにアプローチしてきたのです。損失が出ることは予期しており、それを埋め合わせるだけの資金を用意していました。『Out of Ammo』が他に多数あるVRゲームよりもはるかに多く売れていることも考慮にしてください」

この情報は、ちょっとした驚きである。『The Gallery』と『Row Data』を作ったより小さなスタジオが、どちらも100万ドルの売上を達成したのである(ただし、現在の資金がどうなっているかは不明だ)。全てのVRプラットフォームで作品をリリースするnDreamsも今年を超えることを期待している。

ホールは、一部の消費者が主張しているほどマルチプラットフォームのサポートは簡単なことではない、複数のヘッドセットは人々が理解している以上に
「大きく異なっており、複数のヘッドセットをサポートするのは多くの資金が必要で難易度も高いものです」
と説明する。彼はパブリッシャーとプラットフォーム開発者、もしくはそのどちらかと手を結ぶのがゲーム業界で何年も続いてきたやり方だと主張している。そうすれば、リスクとコストを削減できる。

「開発補助金や独占販売を条件とする補助金がなければ、VRゲームが作れるスタジオはもっと少ないでしょう」
とホールは予測する。
「(VRゲームの開発は)お金になりませんから。ここでいうお金は、『フェラーリを買うためのお金』といったものではありません。『給料を支払うための資金』のことです。人々は開発者がどこかの島を買い取るためにOculusやFacebook、あるいはIntelの資金を使い込んだかのように言います。実際には、彼らがゲームをリリースする唯一の方法がこの取引をすることだったのです」

Giant Cop

『Giant Cop』を制作したOther Oceanといった他のチームの話からも、それはもっともらしく聞こえる。彼らは当初HTC Vive用のゲームをアナウンスしていたが、後にOculusと時限付きの独占契約を結んだ。一方で、『Serious Sam VR: The Last Hope』のCroteamの場合は時限付きの独占を条件に資金提供するというOculusの申し出を断っている。

VR Associationが発表されたことを考えると、非常に多くの人が望むオープンなVRエコシステムに近づきつつあるのかもしれない。このVR AssociationにはOculus、HTC、Sony、Googleを筆頭に多くの企業が参加している。オープン化の例として、Oculus Touchと追加のセンサーを使えばRiftユーザーはルームスケールが利用できるようになる。そのため、ほとんど問題なくSteamVRにあるコンテンツの大部分を楽しむことができる。一方Oculus Homeはまだハックが必要である。

 

参照元サイト名:uploadvr
URL:http://uploadvr.com/dayz-out-of-ammo-exclusives-vr/


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連した最新情報を配信します。

最新ニュースを読む