VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VRコンテンツ制作ツール「Destination Workshop Tool」に新機能が追加

2016/10/05 11:47

VRコンテンツ制作ツール「Destination Workshop Tool」にソーシャル機能が追加され、友達とチャットやボイスチャットができるようになった。

Destinations-Workshop-Tools

近頃では、Googleが「Cardboardヘッドセット」を売りに出したことにより、誰でもスマホでVR体験をすることができるようになったり、Facebookが「Surround 360」を売りに出したことにより、360度映像を撮れるようにもなった。(値段は張るが)

しかし企業がVRに投資するのは何も、ユーザーにビデオゲームをプレイしてもらったり、風変わりなアプリを試してもらいたいという理由だけではなく、企業はもっとたくさんの人がVRテクノロジーに手を出せるようになるために、ユーザー作成コンテンツの発展を積極的に奨励していきたいのだ。

自分の世界を友達と作る

先月、ValveがVRコンテンツ作成パッケージの「Destination Workshop Tool」を無料で配信開始した。

そして、今日、マルチプレイヤーアップデートを行ったことにより、ユーザーは友人を招待して、自分が作ったコンテンツを披露することができるようになった。

「Destination Workshop Tool マルチプレイヤー」とは、友人を招待したり、参加したり、チャットを楽しむことができる機能だ。

ユーザーは「Friends」のパネルから、誰がオンライン中かを見ることができ、そのページから友人に招待申請を送ったり、逆に友人のDestinationに参加申請を送信することができる。

どちらかが受理され、同じDestinationにお互いがインすると、ボイスチャットができるようになる。これは複数人でも可能である。

アバター作成機能の追加

それだけでなく、今回のアップデートにより、アバターとプロップのカスタマイズもできるようになった。シンプルな顔と手のアバターを少ない数からだが、選ぶことができる。

アバターはメニューにある「Avatar」のパネルから編集できる。

「Destination Workshop Tool」は、Steamで無料で配信されているEarly Accessのタイトルの一つで、HTC社のVIVEやOculus Rift含め、Open VRと稼動するどんなヘッドマウントディスプレイもサポートの対象である。

参照元:vrfocus
URL:https://www.vrfocus.com/2016/07/invite-friends-to-your-destinations-with-valves-multiplayer-update/

Kawasaki


1996年生まれ。ドイツ在留。肉体と物理の限界を超えた「新しい世界」を創り出し、それを体験できるVRに興味を持ち、その最新動向を追っています。

最新ニュースを読む