子供の頃の夢を叶えてくれる、VRドローン「PowerUp FPV」が登場! | VR Inside

VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

子供の頃の夢を叶えてくれる、VRドローン「PowerUp FPV」が登場!

2017/04/28 19:30

DISCOVER株式会社は、PowerUp Toys社のゲームのように空を飛べる飛行機 VRドローン「PowerUp FPVを、動画ショッピングサイトDISCOVER ( https://dis-cover.jp/project/view/307 ) で発売開始した。

PowerUp FPV イメージ

DISCOVER株式会社は、PowerUp Toys社のゲームのように空を飛べる飛行機 VRドローン「PowerUp FPVを、動画ショッピングサイトDISCOVER ( https://dis-cover.jp/project/view/307 ) で発売を開始した。

ライブストリーミングカメラ掲載により、空を飛んでるかのような体験ができる!

PowerUp FPVは、まるでユーザー自身が紙飛行機で上空を飛んでいるかのような体験ができる。

Parrotとの提携で実現した、ライブストリーミングカメラを搭載した初めての紙飛行機だ。

img_126463_3

世界初の紙飛行機に搭載されたライブストリーミング技術を生み出すためには、Parrotの協力なくしては、成し得ることができなかったとのことだ。

この技術協力により、最大300フィート(92m)の上空を飛ぶようなスリルと爽快感を実現している。

HMD画像

スマートフォンをヘッドマウントディスプレイ(同梱されている紙製のビューア)に着用すると、操縦室に座っているかのような飛行を体験することができる。

セットアップは簡単

1.折る…好きな用紙で紙飛行機を折る。

2.取り付ける…スマートモジュールを紙飛行機に取り付ける。

3.ヘッドセットを準備…スマートフォンでアプリを起動し、スマートモジュールに接続する。あとは、スマートフォンをヘッドセットに入れる。

4.飛ばす…ヘッドセットを装着したら安全な場所で紙飛行機を空高く飛ばす。あとはヘッドセット(または手に持ったスマホ)を傾けて操作を行う。

操作方法

3つのオプションが用意されている。

操作方法

操作時の画面イメージ

操作方法と自動アシスト解説

ヘッドマウントディスプレイ

・軽く頭を傾けることによりドローンの進行方向をコントロールできる。

ゲームパッド

・ユーザー自身のスマートフォンで手動でタッチスクリーンからコントロールできる。

完全自動操縦モード

・HMD(ヘッドマウントディスプレイ)の∞ボタンを押すと、自動操縦モードに切り替えることができる。

自動アシスト

・搭載されているコンピュータとセンサーが飛行を容易にする。

・風の強い状況でも簡単にコントロールできる。

・失速、スパイラル急降下、クラッシュを防止する。

・どんな状況でも簡単に離陸できる。

・衝突検出機能によりプロペラが停止する。

 

アプリケーション

ゲームモード解説
スマホ対応解説

GooglePlayでダウンロード

AppStoreでダウンロード

コクピットゲームパッドモード

・いろいろな計器が表示される。

フルスクリーンモード

・視野全体が表示される。

対応スマートフォン

・Android&iOS対応(スクリーンは4インチ以上推奨)

回転するカメラ

回転式広角レンズカメラ

ユーザーが好きな角度で映像を見ることが可能だ。

オリジナルデザイン

デザイン自由自在 紙飛行機取り付け時の画像

PowerUp FPVを使用すれば、あとは好きな用紙で紙飛行機を作るだけだ。

スピードが出る飛行機?曲芸飛行機?ユーザー次第で様々な飛行体験が可能だ。。

Wi-Fiストリーミング

Parrotチームメンバー写真

DISCOVER社は、技術提携のParrotチームに出会った時、両者は力を合わせるという熱意を持っていたという。

ARドローンの優れたクリエイターであり、Wi-Fiストリーミング技術の礎を築いているDISCOVER社製品の高品質なストリーミング体験を開発するために、Parrotほど最高なパートナーは他にいないと感じたという。

Parrotはその挑戦を受け入れ、Wi-Fiとライブストリーミングのノウハウにより、紙飛行機ドローンのPowerUp FPVを、最高の品質へと高めることに成功した。

カメラを搭載した紙飛行機 PowerUp FPV商品イメージ

DISCOVER社は『高品質、耐久性、シームレスなストリーミングは本当に素晴らしいです。今すぐライブストリーミングカメラで初の紙飛行機体験を手に入れてください。』とコメントしている。

各部説明

仕様説明

・ホットスワップ550 mAh Lipo充電式バッテリー

・充電用マイクロUSB

・加速度計&ジャイロセンサ

・ブザー

・マイク

・回転式広角レンズVGAカメラ

・WiFi 802. 11a/b/g/n/ac

・指ガード(オプション)

・カーボンファイバー製フレーム

・Micro SDメモリーカード

・デュアルバンドMIMOアンテナ

・コンパス

・バロメーター

・衝撃吸収バンパー

特徴

バッテリー画像

・風の強い状態での簡単な飛行のための自動操縦安定化

・ビデオとオーディオの録音とストリーミング

・ゲームパッドとFPVコントロールモード

・自動離陸と衝突検出

・フロント、サイド、リアカメラビューを提供する広角回転カメラ

・非常に耐久性のある炭素繊維のポリプロピレンフレーム

・複数の飛行機設計の可能性

・OSとAndroidの互換性

仕様

大人も子どもも夢中 使用イメージ

・1回の充電で10分

・充電時間 - 90分

・接続性 - 無線LAN

・ビデオストリーミングとコントロールのための300フィート以上の範囲

・最高速度20mph / 32km / h / 9m /秒(飛行機の設計によって異なる)

・飛行機総重量2.8オンス/ 80グラム

PowerUp Toys社からのメッセージ

(プレスリリースより引用)

前回、スマートフォンで制御された紙飛行機『PowerUp 3.0』の制作を実現させました。今度は、『PowerUp FPV』です!FPVドローンを次のレベルに引き上げるために、みなさまのご協力が必要です。

PowerUp FPVにより、新たな発見と紙面の限界や人間の想像力、かつてない体験を、みなさまに。

PowerUp Toys社チームメンバー紹介

TailorToysのCEO写真

メンバー写真

メンバー写真

メンバー写真

メンバー写真

参照元:ニュースリリース

integralkk


【VR Inside】日本ニュース担当

最新ニュースを読む