VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

iPhoneを360度カメラにするGiropticのアタッチメント、249ユーロで予約受付を開始

2016/12/15 10:30

Giroptic iO

Giroptic iO

VentureBeatが、360度映像のGiropticが発表した新製品について伝えた。このアタッチメントは、iPhoneやiPadに取り付けることで360度VRカメラとして使えるものだ。

Giropticが発表したGiroptic iOは、iPhoneとiPadのための周辺機器である。同社が特許を持つ独自のリアルタイムフォトステッチテクロノジーによって、周囲の風景をリアルタイムに360度の画像に変換していくという。

単に360度の写真と動画を撮影することはもちろん、YouTubeで360度ライブ配信も可能だ。もちろん、撮影した写真や動画を簡単にSNSにアップロードして思い出として残すこともできる。

この360度カメラを活用するために、専用のiOSアプリが用意されるようだ。公式サイトには既に「iO 360アプリを手に入れる」というリンクがあるが、その先では「Available Soon」となっておりボタンを押すことができない。

本体の予約受付が開始されており、今予約すれば2017年1月17日以降に発送されるという。価格は249ユーロ(約3万円)である。VentureBeatでは250ドルとなっているが、日本への発送ではユーロ圏の価格が適応されるようだ。

このGiroptic iOはiOS端末用に作られているが、Android対応バージョンの構想もあるらしい。アプリダウンロード画面では、メールアドレスを入力しておくとAndroid版発売日に関する情報を入手できるとされている。

 

Giloptic iO:https://www.giroptic.com/intl/ja/giroptic-io

参照元サイト名:VentureBeat
URL:http://venturebeat.com/2016/12/13/giroptics-attachment-turns-your-iphone-into-a-360-degree-vr-camera/


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連した最新情報を配信します。

最新ニュースを読む