VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

JALチャーター便を利用した阪急交通社アイスランド周遊ツアーにて機内でのVRサービス実証実験を実施 - VR Inside

JALチャーター便を利用した阪急交通社アイスランド周遊ツアーにて機内でのVRサービス実証実験を実施

     

VR視聴イメージ

VR視聴イメージ (実際の座席とは異なる)

株式会社阪急交通社は、日本航空株式会社、KDDI株式会社、株式会社VRizeと共同で日本航空チャーター便を利用した阪急交通社の旅行商品『9月10日(日)発 北から南までぐるっと巡る「火の国」アイスランド周遊9日間』に参加のビジネスクラスシート利用者56名(予定)を対象に、往路の機内でVRサービス実証実験を行うことを発表した。

日本航空社では、さまざまな企業との協業を通じて先進技術の導入や新たな価値創出に取り組んでいるということだ。

国内初、機内でのVRサービスの提供へ

2017年4月、羽田空港国際線ラウンジにて日本航空社が参画しているスタートアップ企業アクセラレーションプログラムの「KDDI ∞ Labo」採択チームであるVRize社と共同で、ラウンジ利用者にVRサービスを体験してもらう実証実験を行っている。

その際、利用者から好評を得たことから、今回は実際に飛んでいる飛行機内でのVRサービスを提供する実証実験を行うことになったということだ。

VRサービスの利用を希望する乗客には、VRコンテンツ視聴機材(「Galaxy Gear VR」と「Galaxy S8」)を貸し出し、利用客は機内にて、都合のよいタイミングで視聴機材を装着し、VRize社が開発した専用のVRアプリを用いて、KDDI社が提供する5種類の360度VRコンテンツの中から好みのコンテンツを選んで、楽しむことができる。

日本航空社、阪急交通社、KDDI社、VRize社の4社は、今回の実証実験を通じて、機内での新たな過ごし方を提案し、利用客に、より楽しめる旅行のスタイルを提供していくとしている。 

サービス実施概要

フライト:
2017年9月10日、成田発、ケフラヴィーク(アイスランド)行チャーター便(往路)
JL8825便、成田出発11:30 ケフラヴィーク到着14:15 (現地時間)

実施概要:
ビジネスクラスシートを利用の乗客を対象に、KDDI社が提供する5種類の360度VRコンテンツを楽しんでもらう。

通信と新しいテクノロジーを融合するKDDI社の360度動画を用いた旅行プログラムである「SYNC TRAVEL」(http://bit.ly/2xKx9ps)にて各国の街並みを撮影した映像が一部活用されている。

視聴した乗客には、VRを体験した感想や新たなサービスの可能性などについてアンケート調査を行い、今後の日本航空社および阪急交通社の顧客サービス構築の参考とする。

各社の役割

日本航空社:VRサービス実証実験の実施とりまとめ

阪急交通社:ツアー中(往路機内)でのVR体験サービス提供協力

KDDI社:VRコンテンツの提供

VRize社:VR視聴アプリの提供

【提供コンテンツ】

提供コンテンツ

リリース詳細 http://bit.ly/2iZ5bDf

各会社の概要

日本航空株式会社

会社名:日本航空株式会社

代表取締役社長:植木 義晴

設立:1951年8月1日

本社所在地:〒140-0002 東京都品川区東品川2-4-11野村不動産天王洲ビル

事業内容:空運業

コーポレートサイト:URL http://bit.ly/2ezFl3B

株式会社阪急交通社

会社名:株式会社阪急交通社

代表取締役社長:松田 誠司

設立:1960年10月5日

本社所在地:〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2-5-25 ハービスOSAKA

事業内容:旅行業

コーポレートサイト:URL http://bit.ly/Meuyah

KDDI株式会社

会社名:KDDI株式会社

代表取締役社長:田中 孝司

設立:1984年6月1日

本社所在地:〒102-8460 東京都千代田区飯田橋3-10-10

事業内容:電気通信事業

コーポレートサイト:URL http://bit.ly/2gBckVJ

株式会社VRize

会社名:株式会社VRize

代表取締役:正田 英之

設立:2016年2月29日

本社所在地:〒106-0032 東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル3階

事業内容:VR広告事業、VRアプリ制作事業

コーポレートサイト:URL http://bit.ly/2w1u5Ds

参照元:ニュースリリース

KDDI ∞ Laboとは?

グローバルに通用する新しいサービスを推進するスタートアップとともに、各業種において豊富なアセットやノウハウを有するパートナー連合と連携して、社会にインパクトのある新たな事業の共創を目指す「事業共創プラットフォーム」である。

第12期ではパートナー連合とともに、第12期活動テーマを中心とした事業共創を目指す。

第12期活動テーマ(一部抜粋)

・AR/VR技術を用いたエンターテイメントサービス/プロダクト

・企業向けおよび企業の課題を解決するAR/VRサービス/プロダクトおよび技術

・AR/VRを普及させるサービス、デバイスおよび技術

http://www.kddi.com/ventures/mugenlabo/about/ より引用)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

integralkk

Writer: 【VR Inside】日本ニュース担当