VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

世界最大のARスポーツ大会「HADO WORLD CUP」各国の予選大会を勝ち上がった12チームが激闘

HADO WORLD CUP出場チーム

HADO WORLD CUP出場チーム

株式会社meleap(所在地:東京都港区、CEO:福田 浩士)は12月3日、ARを使ったテクノスポーツ「HADO」の世界大会「HADO WORLD CUP 2017」を開催し、その結果を発表した。

今回参加したのは、国内外で行われた予選大会を勝ち上がってきた12チームだ。

イベント中、「恵比寿マスカッツ1.5」や「へきトラハウス」などのゲストによるエキシビジョンも開催された。

「HADO WORLD CUP 2017」について

「HADO」とは、頭にヘッドマウントディスプレイ、腕にアームセンサーを装着して技を放つ、今話題の最新のAR技術を使ったスポーツだ。

3対3のチームでエナジーボールやシールドなどの技を駆使し、80秒間の試合時間で点数を取り合って対戦する。

現在、HADOは世界7ヶ国14箇所に店舗を展開し、延べ60万人以上が体験している。

「HADO WORLD CUP 2017」には、各国で開催された予選大会を勝ち抜いた全12チームが出場した。

今年は日本からの10チームに加え、マレーシア、ベトナムからも代表チームが参加した。

決勝トーナメントでは、世界ナンバー1を競い激しい戦いが繰り広げられた。

イベント全試合の様子(予選リーグ・エキシビジョン・決勝トーナメント)

優勝賞金10万円をかけたエキシビジョンマッチでは、恵比寿マスカッツ1.5、へきトラハウス、コスプレチーム(ソードアートオンライン)、KUROFUNEが参加した。

超身長とフットワークの軽さを活かした多国籍チーム「KUROFUNE」が見事優勝した。

エキシビジョンマッチの様子

恵比寿マスカッツ1.5とへきトラハウスのバトル

前半の予選で12チームから4チームまで絞られ、決勝トーナメントに参加を決めたのは、わちゃごな☆ピーポー、SLAM DIVA、TNW B、シャケーザ新鮮隊。

激戦の末、優勝を勝ち取ったのはわちゃごな☆ピーポーだった。

優勝チーム「わちゃごな☆ピーポー」

優勝したチーム「わちゃごな☆ピーポー」

受賞チーム・プレーヤー

1位(賞金200万円):わちゃごな☆ピーポー

2位(賞金50万円):SLAM DIVA

3位(賞金20万円):TNW B

ベストコスチューム賞(賞金10万円+Insta360 one):わちゃごな☆ピーポー

ベストパフォーマンス賞(賞金5万円+Google Home):NOeSIS HADO部

ベストアタッカー賞(賞金5万円):SHEART(SLAM DIVA)

ベストディフェンダー賞(賞金5万円):パンちゃん(シャケーザ新鮮隊)

モストランニング賞(賞金5万円):KODAI(わちゃごな☆ピーポー)

HADO WORLD CUP 概要

HADO WORLD CUP公式ホームページ
http://meleap.com/worldcup/

日程: 2017年12月3日(日)

会場: スターライズタワー

内容: チーム戦 予選リーグ&決勝トーナメント/エキシビション

主催:株式会社meleap

協賛: 株式会社ポニーキャニオン / ウルシステムズ株式会社 / 株式会社マウスコンピューター

協力: リカルデント / アンカー・ジャパン株式会社 / デジタルハリウッド大学

HADO公式サイト: http://meleap.com/

HADO体験施設: http://meleap.com/hado/shop/

※掲載されているすべての商標、画像については、各所有者に帰属します。

VRInside編集部


VR・AR・MRの最新情報を配信します。

最新ニュースを読む