VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

Microsoft、MR普及の拠点となる「Reactors」を世界5ヶ所で開館。MRキャプチャ・スタジオも併設

2018/09/20 15:44

海外メディアRoad to VRは、Microsoftが「Creators」を開館したことを報じた。

MR普及の拠点「Reactors」

同メディアによると、Microsoftは同社が標榜するMixed Realityが普及するための活動拠点となる施設「Ceactors」を世界5ヶ所で開館した。

同施設が開館した場所は、サンフランシスコ、ニューヨーク、レドモンドに2ヶ所(レドモンドには同社の本社がある)、そしてイギリス・ロンドンの5ヶ所である。

同施設の名称「Reactors」の本来の意味は「原子炉」であるが、同社の説明によると同施設は「ハッカソンやテック・イベントを無料で開催することができる物理的スペース」という位置づけになっている。つまり、同施設においてMR普及の起爆剤になるようなヒトとヒトの「交流=反応」が起こることを期待している、という意図があるのであろう。

各施設にはイベント・スペースのほかに、Mixed Reality Capture Studioと呼ばれるリアルなモノをキャプチャしてMRオブジェクト化する設備が併設されている。

Microsoftは、同スタジオが目指している目標を「世界中にいるMR開発者が高品質なMRキャプチャをできるようにすること」と説明している。こうした目標を掲げている以上、同スタジオは現時点の5ヶ所を皮切りにして、日本を含めた世界中に展開する予定があると考えられる。

また、サンフランシスコの施設は旗艦施設という位置づけになっており、Mixed Reality Academyも併設されている。このアカデミーでは、MRに関する技術的知識を開発者に提供するワークショップ等を開催する、とのこと。

サンフランシスコのMixed Reality Academyの様子

リアル・オブジェクトをVRに取り込む試み

Reactorsに設けられているMixed Reality Capture Studioのような技術は、Microsoftのほかにも多数の企業が開発・提供している。

8i

8iは、生きているようにリアルな人間の3Dモデル作成に挑戦する企業。独自の「ライトフィールド技術」によって業界の注目を集めた同社は、これまでに約16億円の資金を集めることに成功している。

ライトフィールド技術とは、ユーザがVR空間内を自由に移動できるようにする技術。固定された視点から見回すのではなく、好きな方向からVRのオブジェクトを見られるようにする。一つのシーンに複数のカメラを使い、別アングルから撮影することで「ライトフィールド」の作成を実現する。

Occipital

Occipitalが提供するのは、モバイルデバイスに取り付けて使用する3Dスキャン用の小型センサーだ。この小さなセンサーを取り付けるだけで3Dスキャンが可能となる。現在はiPadでの利用に対応している。

同社が成功したのは、サードパーティの開発者にハードウェアの利用を許したことによる部分が大きい。センサーを自由に利用できるようにしたため、多くのソフトウェア・サービスが同社のセンサーからのデータを使うようになった。

MEETMIKE

VRアバター「MEETMIKE」は、アメリカ・ロサンゼルスで2017年7月末に開催されたCG技術の世界的見本市SIGGRAPH 2017で発表された。

同アバターの最大の特徴は、実在のヒトをリアルタイムにキャプチャして、そのキャプチャ結果をデジタル的に造形されたアバターに反映しているところだ。

同アバターは、以下のような制作過程を経て完成した。

1.アバターのモデルであるMike氏の顔をスキャンして、Mike氏頭部に関する精密なオブジェクトを制作する
2.同氏にリアルタイム・トラッキング用特殊カメラと頭部全体の動きをトラッキングするヘルメットを装着してもらったうえで、スピーチしてもらう(下の画像参照)
3.リアルタイム・トラッキングされたデータを、あらかじめ制作していた同氏のアバターオブジェクトにリアルタイムに反映させる

リアルタイム・トラッキング用の特殊カメラを装着したMike Seymour氏

なお、同アバターは究極のフォト・リアルを目指すべくモデリングには44万のポリゴンを使い、細かな表情を表現するために750もの表現データを合成している。

以上のようなVRキャプチャ技術は、これから訪れるであろうリアルとデジタルが混在するMR時代における最重要テクノロジーとして理解されるだろう。そして、HoloLensの普及にしたがって、近い将来日本でもMixed Reality Capture Studioが使えるようになるのではないだろうか。

ソース:Road to VR
https://www.roadtovr.com/microsoft-opens-mixed-reality-capture-studios-academy-san-francisco-reactor-space/


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連した最新情報を配信します。

最新ニュースを読む