VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

「スターオーシャンシリーズ」などをプロデュース、山岸氏がモノビットVRゲーム事業部長に就任

2017/04/24 19:21

株式会社モノビットは、2017年4月3日付で、新たにVRゲーム事業部部長に、「スターオーシャンシリーズ」や「ヴァルキリープロファイルシリーズ」等を生み出した山岸 功典が就任し、日本初のVR-MMORPG制作を目指し、社内にてVRゲーム事業部を組成し、日本発のVRゲームを制作しいくと発表した。

MONOBIT_Logo_RGB_futi_1920_1080

山岸 功典氏より就任のメッセージ

長年に渡って、スクウェエア・エニックスでスターオーシャンシリーズ、ヴァルキリープロファイルシリーズ等、RPGタイトルのプロデューサーを務めてきましたが、この度モノビット社において、VRによるRPGコンテンツを制作させていただくこととなりました。

VRはまだ動き出したばかりのジャンルですが、今後確実に伸びていくジャンルであり、あらゆる可能性を秘めていると考えております。そんな中でも、RPGというジャンルはゲームの花形であり、限りなく面白いエンターテインメントを提供できるゲームジャンルであると確信しており、今まで得てきたゲーム制作のノウハウを活かし、最高のVR-MMORPGコンテンツを制作して参りたいと考えております。

そして更には、VR制作ノウハウを活かした、全く新しいVRコンテンツも制作していきたいと考えておりますので、どうぞご期待ください。

「VRクラウド」の開発について

モノビットのミドルウェア事業部では、『モノビットエンジン』という、リアルタイム通信エンジンを開発、販売しており、ネットワークゲームの基幹技術について高いノウハウを持ち多くの提供をおこなっている。

その最先端のネットワークテクノロジーとCTOの中嶋 謙互により、「VRクラウド」の開発を行い、VR内で世界中の人々が集えるVRオンラインコンテンツ制作をスムーズに行える環境を提供していくと発表している。

株式会社モノビットについて

株式会社モノビットは、ゲームとネットワークのテクノロジーをベースとして、あらゆるエンターテインメントコンテンツの制作を行っている、エンターテインメントテクノロジーベンチャー企業である。

自社開発のリアルタイム通信エンジンを、ミドルウェアとしての販売も行いながら、近年、注目を浴びているVR/AR市場に本格参入も果たしており、VR/AR対応ゲーム、360°動画をはじめとしたVR/ARコンテンツの企画・制作を行いながら、VR/AR事業各社と協力のうえ、VR/ARに関わるビジネスプラン構築のプロデュースまでおこない、VR/AR事業関連を幅広く展開しているのが特徴である。

モノビット社は、多様な企画力・開発力を推進剤としてかかげており、常に最新技術を積極的に取り入れることを行う、『世界で一番面白いゲームをつくる』を企業理念において、新しいコンテンツを提供を行っている。

モノビットエンジン VR VoiceChat with MUN β版とは?

VRコンテンツに「ボイスチャット機能」を、手軽に簡単に実装できる、Unity向けのVRボイスチャットミドルウェアになっている。
この「VR Voice Chat with MUN β版」を使用することで、リアルタイム・コミュニケーション機能をVRコンテンツに搭載することができ、VRの新たな楽しみ方や深い没入感を提供する事ができるとしている。

ポイント1:VR体験に必要なコミュニケーションの提供

離れた人同士が、VR空間を共有して、すぐ側にいるような感覚で、VRボイスチャットの提供が可能である。
VR空間という「没入感」の中、VRボイスチャットを用いる事で更なるVR体験の向上が行われ、他のユーザーとリアルタイムで「コミュニケーション」をとれるコンテンツを作り出すことが可能となる。

ポイント2:さまざまな分野で応用が可能

VRでのインタラクティブコミュニケーションは、 「建築・住宅関連」「医療関連」「教育関連」「製造関連」など、非ゲームの分野にもさまざまなで応用が可能となっている。
サーバなどの専門の知識がなくても、VRボイスチャットは、VRコンテンツにおけるコミュニケーションを手軽に実現可能なミドルウェアーとなっている。

ポイント3:実装するのは、クライアントプログラムだけ

サーバーエンジニアの専門的な技術や知識がなくても、クライアントプログラムの記述を行うだけで、簡単にVRボイスチャットを実装し利用する事が可能である。
更に、リアルタイム通信環境を構築する際場合も、サーバ側へのロジック記述は不要となっていると発表されている。
仮に、クライアントプログラマしかいない場合であっても、VRでのリアルタイム通信コンテンツを制作することが可能となります。

更に、驚く事に、「VR Voice Chat with MUN」(β版)は無料で提供をされている。

「VR Voice Chat with MUN」(β版)公式サイト

モノビット企業サイト

モノビットエンジン公式サイト

VRInside編集長 村山章


モバイルコンテンツ企業の(株)エムティーアイ、クルーズ(株)にてIT業界におけるコンテンツ事業に従事しその後、メディア運営企業、スパイシーソフト(株)に入社。 現在は同社執行役員兼VR専門メディア「VRinside」編集長を兼務。 1975年生まれの41歳。 詳しくはこちら

最新ニュースを読む