VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

Oculus RiftにもVive Trackerを搭載できることが確認される

2017/04/04 11:03

Vive Tracker搭載Oculus Rift

先日HTCから正式に(まだ開発者向けではあるが)発売され、初期生産分がすぐに完売してしまったHTC Viveの周辺機器、Vive Tracker。あらゆるものに取り付けて動きをトラッキングできるのが特徴のアクセサリだ。

バットやおもちゃの銃といったものに取り付けてVRゲームのコントローラーとして使ったり、足に取り付けてViveで全身のトラッキングを実現したりと、使用用途は様々だ。いずれにしてもHTC Viveでの使用を前提としているのだが、どうしてもViveでしか使えないというわけでもないらしい。

どうやらこの自由度の高さがユーザにとって怪しい魅力を持っているらしく、発売直後から特殊な使い方をするユーザが登場している。Daydream Viewをルームスケールに対応させたかと思えば、今度はOculus Riftでフットトラッキングを実現した開発者がTwitterにその実験機を投稿した。

Oculus RiftにVive Trackerを取り付ける

Twitterに投稿された動画で分かるように、VRコンテンツのデベロッパーOKatBestのIvan MathyはOculus RiftのVRヘッドセット前面にVive Trackerを取り付けた。このTrackerによって、SteamVRでOculus Riftの位置をトラッキングすることが可能となる。

Oculus Riftの本体だけでも回転トラッキングは可能だが、これではスマートフォンの本体に内蔵されたセンサーで傾きや加速度を検知するモバイルVRと変わらない。MathyがわざわざRiftにVive Trackerを取り付けたのは、LighthouseベースステーションにRiftの位置を認識させるためだ。

こんな方法を使わなくてもOculus Riftとそのベースステーションを使えばポジショナルトラッキングが可能なのだが、それではVive Trackerの位置をトラッキングできなくなってしまう。

この実験から分かること

この装置はあくまでも遊び、実験の域を出ない。しかし、この実験から分かることもある。それは、Oculus Riftの本体とVive Trackerの赤外線が干渉するということだ。

これは、どちらのシステムもトラッキングに赤外線を使っていることが原因である。Vive Trackerを使ってポジショナルトラッキングを行うのであれば、Oculus Rift本体から出る赤外線が邪魔をしないように遮る必要がある。

もう一つは、Oculus TouchとViveのコントローラーを同時に使えるということだ。Mathyは手にはOculus Touchを持って足にはViveのコントローラーを取り付けている。

Oculus Rift本体の赤外線を遮る必要はあるものの、RiftとViveコントローラー、そしてVive Trackerの組み合わせでも手と足をトラッキングできることが明らかになった。使用するTrackerの数を増やせば、さらに精度の高いフルボディトラッキングも可能となるだろう。

デベロッパーとVive Tracker

加えてこの実験から明らかなのは、Vive Trackerが素晴らしく拡張される可能性のあるデバイスであり、デベロッパーにとってこの上ないおもちゃでもあるということだ。実用性はともかく、今後もVive Trackerを使った面白いVR機器やVRコンテンツが生み出されることだろう。

ポジショナルトラッキングに対応していないDaydream Viewをポジショナルトラッキング可能にした先例と比べるとインパクトは薄いが、それでも二つのVRシステムを融合させる大胆な試みではある。

次は何にVive Trackerが搭載されるのだろうか?

 

参照元サイト名:UploadVR
URL:https://uploadvr.com/developer-sticks-vive-tracker-oculus-rift-enables-foot-tracking/

参照元サイト名:Twitter
URL:https://twitter.com/OKatBest

ohiwa


ライター兼システムエンジニア。VR・ARには、「SFっぽい!」というシンプルな理由で興味を持つ。仕事以外ではボードゲームやTRPGで遊び、本を読んで花を育てるアナログ人間。万年筆と着物・和菓子が好き。

最新ニュースを読む