Oculus、Oculus Ready PCの最小スペックを引き下げ!$499のノートPCでもRiftが遊べるように | VR Inside

VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

Oculus、Oculus Ready PCの最小スペックを引き下げ!$499のノートPCでもRiftが遊べるように

Oculusが、「Oculus Connect 3」にてOculus Readyの最小スペックを引き下げたことを発表しました。NVIDIA GeForce GTX 960以上、Intel i3-6100 / AMD FX4350 以上で動作します。

oculus-rift-minimum-specs-reduced

Oculusが、「Oculus Connect 3」にてOculus Readyの最小スペックを引き下げたことを発表しました。

最小スペックは

NVIDIA GeForce GTX 960 以上
Intel i3-6100 / AMD FX4350 以上
8GB 以上のRAM
HDMI 1.3
USB 3.0 × 1、USB 2.0 × 2
Windows 8以上

です。

oculus-rift-minimum-specs-reduced_1

Rift向けのSDKとして非同期スペースワープ(Asynchronous Spacewarp)が用意されたことによって、最小スペックが引き下げられました。

これは、45fpsで動作しているアプリを90fpsに補完するするというもの。

oculus-rift-minimum-specs-reduced_5

「CYBERPOWERPC」では499ドルという低価格なVR対応ゲーミングPCも登場します。

oculus-rift-minimum-specs-reduced_2

「Oculus ready」のパートナーは11社に増え、対応マシンも40を超えます。

oculus-rift-minimum-specs-reduced_3

「Oculus ready」の認証を受けたノートPCも、ASUS、ALIENWARE、Lenovo、AORUSから登場。

oculus-rift-minimum-specs-reduced_4

最小スペックの引き下げにより、VRへの障壁も低くなりました。これによってさらなるVR市場の活性化も見込めるのではないでしょうか。

     

     

ALIENWARE AREA-51 ゲーミングPC デスクトップ
VRゲームをプレイするのにオススメなVR Ready PC。VRを体験するならまずはこれを買おう

koide yutaro


これからますます発展すると予想されるVR。コンテンツだけでなくその技術についても非常に気になっている技術系卒です。