VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VRでサッカーのキーパー体験!ワールドカップ日本代表を応援するイベントでVR体験も可能に!!

6月14日(木)より2018 FIFA ワールドカップ ロシア™大会が開催されます。

開催を心待ちにしていたファンの方も多いのではないでしょうか。

ワールドカップで活躍する日本代表選手を応援すべく、日本でも様々なイベントが開催されています。

ワールドカップの開催に伴って東京・お台場で開催されるスポーツコミュニティイベント「ODAIBA FOOTBALLFANZONE 2018」では、サッカーに関するVR体験が出展されます。

VR空間でキーパーになって、スタジアムでサッカーをプレイしているかのような体験ができます。



VR空間でキーパー体験!好成績の方にはプレゼントも

大東建託株式会社(東京都港区)は、6月14日(木)~28日(木)まで東京・お台場で開催される「ODAIBA FOOTBALLFANZONE 2018」に出展します。

「ODAIBA FOOTBALLFANZONE 2018」は、ワールドカップで活躍するサッカー日本代表選手たちを応援するためのスポーツコミュニティイベントです。

大東建託はサッカー日本代表のサポーティングカンパニーとして選手たちを応援するために、VRを用いた体験型のブースを出展します。

大東建託はイベント内の「FOOTBALL FAN AREA」にてブース展開をしており、「VRでキーパー体験」と「ラブカメラで撮影体験」の2つのコンテンツを体験できます。

①VRでキーパー体験

「VRでキーパー体験」では、プレーヤーはVRヘッドセット(HTC Vive)を装着し、実寸大のスタジアムを模したVR空間にダイブします。

まるで本物のスタジアムにいるかのような臨場感あふれる体験をすることが可能で、プレーヤーはコントローラーを使って、相手の選手が繰り出すシュートをセーブします。

そして、セーブを数多く繰り出せたプレイヤーには、得点に応じて様々なプレゼントが当たります。

たくさんのセーブを決めて豪華プレゼントをもらおう!

「VRでキーパー体験」で5回シュートをセーブした方にはパーフェクト賞として、サッカー日本代表レプリカユニフォーム(adidas社製、大東建託ロゴ入り)が当たります。

 

3回セーブを決めた方にはA賞として、日本代表のタオルマフラーをプレゼント。

 

また、参加賞として大東建託オリジナルのクリアファイルがもらえます。

②ラブカメラで撮影体験

また、ブースには「ラブカメラ」を用いたコンテンツも設置されています。ラブカメラとは、デジタルサイネージの前で撮影者同士が触れた瞬間、自動で撮影が開始されるシステムです。

このラブカメラを使って、体験者が実際にスタジアムに立っているかのような臨場感のある写真を撮影することができます。

撮影した写真は、大東建託のFacebookにアップロードし、SNSを通してサッカー日本代表選手たちを応援します。

また、同社のFacebookページから写真をダウンロードし、ご自身のSNSに投稿することもできます。

参加者全員にプレゼント!

「ラブカメラで撮影体験」を体験された方には全員にプレゼントがあり、サッカー日本代表のボールペンがもらえます。




ODAIBA FOOTBALLFANZONE 2018について

「ODAIBA FOOTBALLFANZONE 2018」は日本のサッカーシーンを盛り上げるためのスポーツコミュニティパークで、自由の女神やレインボーブリッジを背景に、お台場ウェストプロムナードにて開催されます。

ワールドカップ開幕日から2週間続けて開催されており、イベントの初日である6月14日(木)に行われるオープニングセレモニーでは、スペシャルゲストとして元サッカー日本代表監督を務めたフィリップ・トルシエ氏がトークショーに登場します。

また、6月19日(火)21:00より、サッカー日本代表の初戦となるコロンビア 対 日本戦のパブリックビューイングを、アクアシティお台場の屋上特設会場にて開催します。

中田浩二氏などスペシャルゲストも登壇する予定で、2018 FIFA ワールドカップ ロシア™大会を盛り上げる内容になっています。

会場では、FIFAパートナーによるロシア大会に関連するブースを展開する「FIFA AREA」、サポーティングカンパニーによるブース出展や、オフィシャルライセンスグッズの販売を行う「FOOTBALL FAN AREA」、出場国に関連したフードやドリンクを提供する「WORLD FOOD & BEER GARDEN」の3つのエリアに分かれており、様々なコンテンツが展開されています。

イベント詳細

ODAIBA FOOTBALLFANZONE 2018
開催場所 お台場ウェストプロムナード
住所 〒135-0091
東京都港区台場1丁目8-1
GoogleMap
アクセス 新交通ゆりかもめ「台場駅」 徒歩3分
開催期間 2018年6月14日(木)~6月28日(木)の15日間
主催 ODAIBA FOOTBALLFANZONE 2018 実行委員会
2018 FIFA WORLD CUP RUSSIA™ PUBLIC VIEWING in ODAIBA FOOTBALLFANZONE
開催場所 アクアシティお台場 屋上特設会場
住所 〒135-0091
東京都港区台場1丁目7−1
GoogleMap
内容 コロンビア 対 日本戦のパブリックビューイング、対戦国コロンビアに関するコンテンツ、サッカー日本代表に関するトークショー、特別抽選会など
会場規模 約2,000人(予定)
料金 入場無料

まとめ

VRはスポーツ観戦にも取り入れられていますが、スポーツ大会や選手の応援を目的として活用することもできるなど、VRはアイデア次第で様々な使い方ができますね。

没入感の高いVRであれば、スポーツ観戦もより臨場感の高まるものになりますし、また応援している選手やチームなどにもより一層のシンパシーを感じることができます。

VRを用いた観戦や、実際に選手になったかのように体験できるコンテンツなど、VRは従来のスポーツ観戦のあり方を大きく変えるとともに、より多くの人々にスポーツの面白さを伝えることができます。

この調子でVR技術がどんどん発達していけば、2020年に開催される東京オリンピックでは、今よりもさらに没入感の高いリアリティ溢れるVR体験ができそうです。

【関連リンク】
大東建託プレスリリース
ODAIBA FOOTBALLFANZONE 2018プレスリリース










フリーランスの翻訳ライター。XR、VTuber、人工知能を専門に各種メディアに寄稿しています。 Twitter: https://twitter.com/dsiwmr

最新ニュースを読む