VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

新型VRヘッドセット「Oculus Quest」399ドルで来春に発売!世界初の一体型VRゲーミングシステム!

Oculus社は米国時間9月26日、年次開発者会議「Oculus Connect 5(OC5)」で世界初のオールインワン型VRゲーミングシステム「Oculus Quest」を2019年春に発売することを発表しました。

「Oculus Quest」はOC5の基調講演でFacebookCEOのMark Zuckerberg氏より発表されました。

発売予定は2019年春で、内蔵ストレージが64GBのモデルで399ドルが予定されています。


OculusGOを凌ぐ新たなスタンドアロンVR「Oculus Quest」誕生!

2016年にOC3で発表されたスタンドアロン型のプロトタイプ「Santa Cruz」の製品版に当たるのが「Oculus Quest」です。

「Oculus Quest」はVRの普及をはかるため、次の3つの特徴を備えています。

  • スタンドアロンVRであること
  • 手の動きを取り込めること
  • 6自由度(6 Degrees of Freedom)があり自在に動けること

「Oculus Quest」は、ヘッドセットをパソコンにつなぐことも、スマートフォンも不要でスタンドアロンで動作します。

外部に機器を置かずに周囲を認識するInside-out方式のトラッキングが採用され、ヘッドセットにつけられた4つの広角カメラで広い領域をカバーし、環境を選ばずにVR体験が可能となっています。

「Oculus Go」ではプレイヤー自身の方向だけを把握する「3DoF(3 Degrees of Freedom)」でしたが、今回発表された「Oculus Quest」は、ハイエンドVRヘッドセット「Oculus Rift」などのと同等の「6DoF」に対応しています。




「まさに触れる」Oculus Touchが付属!

「Oculus Quest」にはVRハンドコントローラーとして「Oculus Touch」が同梱されます。

「Oculus Rift」用のハンドコントローラー「Oculus Touch」と同じ名称ですが、「Oculus Quest」ではInside-out方式のトラッキングセンサーにより認識されるということです。

Oculus Rift用「Oculus Touch」と同等の性能があり、「Oculus Touch」向けに開発されたアプリケーションがそのまま実現できるとされています。

Oculus Quest対応のVRゲームも50タイトル以上リリース予定!

Oculus Questの発売時には、PCやVRゲームで高い人気のある「Robo Recall」「The Climb」「Moss」などの50以上のタイトルが発売予定であることも発表されました。

まとめ

まさに次世代のゲーミングシステムが発表されましたね。

「Oculus Quest」はまさに世界初のオールインワン型VRゲーミングシステムといえるでしょう。

日本での発売予定や価格については、未定ですが日本円で約45000円(399米ドル)からの価格帯で発売されるというのも、魅力的ですし、ザッカーバーグCEOが言うように10億人がVRを体験する日がよりリアルに感じられる製品になりそうです。

ソース:Oculus Questプレスリリース[Oculusブログ]










VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む