VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

観光協会や地域おこし隊による「VRフォトコンテスト」随時開催!VRIOが支援!

一般社団法人VR革新機構(VRIO)のストリートビュー認定フォトグラファーパートナー会、ドローンフォトグラファー360パートナー会、VRWebクリエイターパートナー会設立準備委員会は、2019年1月より全国各地にむけ「VRフォトコンテスト」開催支援を行うことを発表しました。

また、実績を重ね全国の各地域を広域連携することで、新しい日本の観光スタイルを研究するとともに、VRを主にAIやIoTを使った革新的なサービスを2020年までに開発することもあわせて発表されています。


観光協会や地域おこし隊と「VRフォトコンテスト」随時開催

VRIOでは、地域の活性化を目指す人や観光協会などを支援し、国内外にVR映像で地域と連携することで世界へ日本をアピールする「VRフォトコンテスト」の開催を企画しています。

「VRフォトコンテスト」は、

■VRフォトクラウド部門

地域の景観や名所旧跡などの風景写真だけでなく、「こと消費」や「体験」の情景を募集

■「いいね!」SNS部門

こと消費の経験談や体験の感動をSNSに投稿してもらったり、Webガイドに紹介してもらう

の2つの部門で募集が行われます。

クラウドサービス「Spacely」の遠隔接客機能や瞬間接客VR機能を利用し、コンテストの優秀作品で国内外へ遠隔地からVRでの下見 や、現地でのワンクリックVR接客 を実現していきます。

さらに、クラウドファンディングを利用してSNSで拡散したり、2020<東京オリンピック>や2025<大阪万博>に向けてユニバーサル・ツーリズムを促進することを目指します。

「VRフォトコンテスト」に向けてIT知識講習と開催対応の研修会も実施

「VRフォトコンテスト」共催に関して、観光協会及び地域おこし隊向け説明会が2019年1月、2月に東京で開催されます。

開催日:1月25日(金)、2月23日(土)

内容:「こと消費」「体験」の事例紹介、相談の受付、全国の地域連携

「VRフォトコンテスト」準備のためのIT知識講習・開催対応研修

コンテスト開催へむけて、次のようなIT知識講習と開催対応の研修も予定されています。

1.応募者を住民・観光客・プロカメラマン・ストリートビュー認定フォトグラファーを対象とした講習会や説明会の開催(集合やネット)

2.コンテストをSNSとクラウドの部門別とし、分野別として一般をはじめ子供や車いすの目線、高所やドローン空撮なども必要に応じて設定する

3.コンテスト後、地域に活かすため優秀コンテンツを一定期間採用し広告や遠隔地とVR下見で説明、来店同時ワンクリックでVR接客に活かす

4.季節やイベントに合わせた複数開催を予定し、多言語対応しながらホームページやスマホ専用サイトで誘導を行う

引用元:プレスリリース

一般からプロまで幅広い層の参加を想定して、スマートフォン装着カメラ、360°専用カメラ、一眼レフ、ドローンカメラについてのサポートや、ステッチソフト、オーサリングソフトの対応サポートが受けられます。

また、知的財産権等コンテストやコンテンツ採用などの相談も受け付けています。

詳細・問合せ:一般社団法人VR革新機構



こと消費や体験に活用できるサービスの案内

VRIOでは、今回発表した「VRフォトコンテスト」の他にも、非営利団体向けVRフォトサイト「ふるさと映え」や、360°パノラマ写真をVRフォトとしてスマホ専用ホームページサービス「どこでも スマホ ドア」の提供を行っています。

VRを活用したサービス一覧

非営利団体へVRフォトのサイトとSNSで支援者と一体応援。クラウドファンディングで「ふるさと映え」をご提供

ドローン操縦士に360°撮影と高度な編集技術を認定する「ドローンVRフォトグラファー」

スマホ専用VRフォトホームページ「どこでも スマホ ドア」

ユーザーとプロが共同制作するVR写真撮影サービス「VRphoto by pro-am」

2020に向けて 観光や地域おこしを 世界へVRでアピール

車椅子視線でストリートビュー パラリンピックを360°で

引用元:プレスリリース

 

まとめ

国内最大級の外国人向け日本情報サイト『ガイジンポット』の「2019年に外国人が訪れるべき観光地ランキングトップ10」で、鳥取県が1位に選ばれました。

理由は体験型の観光資源が豊富なことでトレンドとして唯一無二の体験ができることが重視されるようです。

本「VRフォトコンテスト」も、「こと消費」や「体験」を重視して、VR映像で魅力を発信するだけでなく体験者のコメントもSNSで広く伝えることを目的としたユニークな取り組みになりそうですね。

ソース:VRフォトコンテストプレスリリース[PR TIMES]









VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

 

最新ニュースを読む