VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VRで発達障害を支援!ソーシャルスキルのトレーニングができるVRプログラム「emou」開発

株式会社ジョリーグッドは 、発達障害者向けのソーシャルスキルトレーニングVR「emou」を開発し、2019年3月18日(月)から東京ビッグサイトで開催される「Medtec Japan」にて、プログラムの詳細と体験展示を行うことを発表しました。


「emou」について

「emou」とは、専門医監修のもとに開発された発達障害者向け支援プログラムで、日常生活の中で欠かせない対人関係や集団行動を上手に営んでいくための技能であるソーシャルスキルを、VRのリアルな仮想空間内で体験トレーニングを行うことができるものです。

利用者は、これまで再現が難しかった社会生活における様々な場面を、まるで実際の空間で体験しているかのように、何度でもトレーニングすることが可能です。

今回は、第一弾として、全国でソーシャルスキルトレーニングを実施している

・就労移行支援事業

・放課後等デイサービス

・特別支援学級を設置する小学校、中学校

に向けて提供が開始されます。

いままで、支援プログラムについて統一された指標がないために、支援スタッフのスキルや育成方法が確立されておらず、スタッフによって提供するトレーニングの質にバラツキがあることが課題でしたが、このサービスは進行プログラムとセットで提供されるため、経験の浅い支援スタッフでも質の高いトレーニングを実施することができます。

発達障害とは・・・

生まれつき脳機能の発達にかたよりがあり、社会生活において生きづらさを感じる障害です。

厚生労働省の発表によると医師から発達障害と診断されている人は48万1千人。潜在的には国内人口の6.5%(約780万人)が発達障害である可能性もあると言われています。

発達障害の人は適切な療育や訓練を受けることによって、社会へ適応する力を伸ばすことができます。

引用元:「emou」プレスリリース[PRTIMWS]

「emou」サービスの特長

「emou」はコンテンツがインストールされているVRゴーグルの電源を入れ、指導者のタブレットと接続するだけで簡単に利用できます。

利用者はヘッドセットを装着するだけで、本人目線で体験することができます。

VRでリアルな集団生活を何度でも体験できる

専門医の監修のもと、プロの役者と高精度VR開発チームにより制作された豊富なVRコンテンツによって、学校や社会での集団生活をリアルに体験でき、相手に適切な反応をするための言語的、非言語的な対人行動を、いつでも、どこでも、何度でも訓練することができます。

言語化の難しいソーシャルスキルをシーンごとに体験できる、豊富なコンテンツ

シンプルな構成と指導マニュアル

「emou」には、

・学齢期向けコンテンツ

・就労移行期向けコンテンツ

の2種類が用意されていて、利用者の成長や年齢に合わせた計画的なトレーニングを実施できることが特長です。

VRゴーグルとスマートデバイスのみのシンプルな機器構成で、スムーズに指導するためのセッション進行シートも付属しているため運用も安心です。

左:放課後の話し合い(学齢期) 中央:ピンチの時に(学齢期) 右:誰に相談する?(就労移行期)

専門医監修のセッションシート

先行体験会の様子

体験学習の様子

就労移行支援施設で実施された「emou」先行体験会では、就職活動をする上で必ず体験する採用面接や、学校生活での友人との日常などのコンテンツが提供され、体験者にはアンケート調査が行われました。





サービス概要

価格:emou class(支援機関・学校向け)月額5万円〜

サービス詳細emou

体験展示、講演、無料体験会情報

体験展示

イベント名:Medtec Japan

日時:2019年3月18日(月)〜20日(水)10時〜17時

会場:東京ビッグサイト 東ホール(ブース番号:2006)

料金:来場事前登録で無料

イベント公式サイトMedtec Japan

講演

日時:3月20日(水)11時〜12時

会場:東4ホール開催 フォーラム会場3 ※受講無料

テーマ:「VRが変える発達障害 スキルトレーニングの有効性」

無料体験会

支援機関や特別支援学校のある学校関係者向けの体験会です。

日時:①2019年3月28日(木)18時〜19時 ②2019年4月4日(木)18時〜19時

会場:株式会社ジョリーグッド

所在地:東京都中央区日本橋堀留町1-8-11

申込方法公式サイトにて会員登録(無料)

まとめ

発達障害の人が苦手な社会スキルを獲得するためには、療育やソーシャルスキルプログラムをできるだけ早期に受けることが求められています。

しかし、いままでは現実を再現することが難しく、十分なスキルを身に着けることが困難でした。

今回開発されたサービスでは、現実と同じリアルな環境の中でも、失敗が許され、何度でも繰り返して体験できるので、利用者は安心して楽しみながら将来に必要なスキルを獲得することができます。

ソース:「emou」プレスリリース[PR Times]









VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む