VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VRでながらスマホを撲滅!KDDIが「自転車ながらスマホを防ぐVR授業キット」を制作

KDDI株式会社とau損害保険株式会社は、「自転車安全・安心プロジェクト第3弾」を2019年3月19日(火)より開始し、自転車乗用中の交通事故が多い高校生に「ながらスマホ」の危険性を考えてもらうことを目的としたVRコンテンツ「自転車ながらスマホを防ぐVR授業キット」を制作したことを発表しました。


「自転車ながらスマホを防ぐVR授業キット」とは?

news.kddi.comより

「自転車ながらスマホを防ぐVR授業キット」は自転車利用中の「ながらスマホ」を知ってもらうために制作された、VR学習きっとです。

授業キットは全50分間で、

・自転車ながらスマホ時と、通常の自転車運転時の視野やブレーキ反応速度の比較を疑似体験する「STOP! 自転車ながらスマホ体験VR」

・自転車事故の危険性や高額賠償への備えの必要性などを学ぶ「スライドムービー」

・自転車ながらスマホの防止について考える「ワークショップ」

の3構成となっています。

学校の先生自身で簡単に実施できるため、通常授業の一環としてVR授業キットを活用できるほか、また生徒も「自転車ながらスマホ」をリアルに体験しながら、その危険性や問題点を自発的に考えることができます。

自転車ながらスマホを防ぐVR授業キットの構成内容

「自転車ながらスマホを防ぐVR授業キット」の具体的な授業内容と大まかな流れについて紹介します。

導入 【5分】

授業の趣旨、進行概要を説明します。

スライドムービー 【10分】

自転車ながらスマホに関する課題を学ぶスライドムービーを視聴します。

・第1部 スマホの普及と課題

・第2部 自転車ながらスマホの事故

・第3部 まとめと対策

の3部構成で、「自転車ながらスマホ」の実態と事故事例、自転車走行中の危険性、高額賠償への備えの必要性などを学びます。



VR体験・ワークショップ 【30分】

実際にVRで自転車ながらスマホの危険性を体験していきます。

VR体験

「STOP! 自転車ながらスマホ体験VR」で、自転車ながらスマホ時と通常の自転車運転時の視野や反応速度の比較を体験します。

歩行者の飛び出しに対して、付属のリモコンでブレーキをかけてブレーキ反応速度の違いを確認でき、ブレーキ反応速度が遅いと歩行者に衝突する画面が表示されます。

「STOP! 自転車ながらスマホ体験VR」とは?

自転車安全・安心プロジェクトの一環として制作されたもので、VRを通じて自転車ながらスマホ時と通常の自転車運転時の視野やブレーキ反応速度の比較を体験でき、自転車ながらスマホの危険性を疑似体験できるVRコンテンツです。

ワークショップ

VR体験とスライドムービー視聴を通じ、自転車ながらスマホの問題点や危険性、自転車ながらスマホを減らすために出来ることを考え、意見交換します。

授業まとめ 【5分】

授業の総括を行います。

まとめ

プロジェクト第一弾では、ナビタイムの「自転車 NAVITIME」アプリを利用して「ながらスマホしない運転」を5km体験し、アンケートに回答するとコーヒーが貰えるというキャンペーンが、第二弾では、プロジェクトに賛同してau公式Twitterアカウントで投稿されるキャンペーン対象ツイートをリツイートすると、抽選でローソン ウチカフェ プレミアムロールケーキが貰えるというキャンペーンが実施されました。

今回の第三弾では、2019年3月19日に神奈川県の鶴見大学附属高等学校にてVR授業キットを活用した授業が実施されるなど、自転車を安全・安心に利用できる社会の実現を目指して、毎年さまざまなイベントやキャンペーンが行われています。

今後も全国の学校の依頼に応じてVR授業キットが貸与されるなどして、自転車ながらスマホ撲滅に向けた啓発活動が続けられる予定です。

ソース:「自転車ながらスマホを防ぐVR授業キット」プレスリリース[news.kddi.com]









VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む