VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

日本発のソーシャルVRサービス「ambr」が1億円の資金調達!正式アクセス開始!

ソーシャルVRサービスの開発をしている株式会社ambrは、ANRIや株式会社ModelingCafe、他エンジェル投資家数名を割当先とする第三者割当増資、及び日本政策金融公庫からの借入を実施し、総額1億円の資金調達を完了したことを発表しました。


仮想世界「ambr」とは

『ambr』は、株式会社ambrが手がける日本発のソーシャルVRサービスで、Oculus Goからアクセスし、他のユーザと一緒に、ambr内の様々な仮想空間で遊ぶことができます。

この4月に正式アクセスが開始されたばかりの新しいサービスです。

事前登録枠は数時間で定員に!

2018年9月には、αテスト(30名限定)12月にはβテスト(100名限定)が実施されてユーザーからは多くの好評価を得ており、正式アクセスに向けた事前登録枠は2019年4月に募集が開始されましたが、わずか数時間で定員数に達しました。

今後については、事前登録者限定で『ambr』正式アクセスを開始し、随時増員していく予定となっています。

増枠の予定については、公式Twitterで告知されます。

公式Twitter:ambr_community

Oculus Goでアクセスする新しいソーシャルVR空間!

仮想世界『ambr』は、VRデバイスからアクセスできる新しいVR空間です。

ユーザーはアバターとなって『ambr』を訪問し、他のユーザーと一緒にコミュニケーションやゲームをしたり、スカイランドやサイバー空間などVRならではの多彩な「ワールド」を探索したり、様々に楽しめます。

ambr社は、ユーザーやこれから生まれるコミュニティと一緒に発展する仮想世界を目指しています。

今後、継続的に機能拡張や空間の拡張が行われる他、ユーザーと一緒にVR空間を創造できるようなシステムも構築される予定です。

クリエイターやIP・企業とのコラボレーションを推進中!

『ambr』は、クリエイティブを重視していて、クリエイターと連携してより創造性の高い仮想世界の実現を目指しています。

今後は、より多くのクリエイターとの連携を積極的に進めるほか、ファンやブランドを持ったIPや企業とのコラボVR空間の創造も推進していく予定です。

資金調達の目的

今回調達した1億円の資金については、以下への投資を目的としています。

1.仮想世界『ambr』の継続的な開発・運営

2.Oculus Goに加え、複数のVRデバイスへの対応(現在の対応デバイス:Oculus Go)

3.技術開発力/創造力向上に向けた更なる開発体制の強化

以上の投資によりさらなる事業拡大を図る予定としている。



『ambr』でできること

好きなアバターに変身!

『ambr』では、魔法使いや戦士、動物や怪物など、様々なアバターが用意されています。

さらに、新しいアバターは『ambr』内で獲得することができ、好きなアバターで、新しいコミュニケーションやVRライフを楽しむことができます。

右から公式アバターのamby(アンビー)とambo(アンボー)

協力して遊べるゲーム

ユーザー同士が協力して遊べるミニゲームが用意されています。

タワーを敵から守ったり、ドラゴンを倒したり、ユーザー同士で協力しながら、日常ではありえない体験をすることができます。

まとめ

『ambr』は、日本発のソーシャルVRサービスということで、今後の発展に期待が高まります。

現在は、アクセス数もアクセスできる時間も制限されているようで、今回の資金調達により、開発が進み、より多くの人が楽しめるサービスに早くなると良いですね。

ソース:仮想世界『ambr』に関するプレスリリース[PR TIMES]









VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む