VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

コンシューマー向けAR市場の覇者になるか?Facebook/OculusがAR開発者を多数募集!

VRヘッドセットに加えて、「Magic Leap One」「HoloLens 2」などのARヘッドセットが、相次いで市場に投入されつつあります。

そして、Oculusの親会社であるFacebookも独自のARスマートグラスを開発しており、両社はARデバイス開発に携わる従業員を多数募集しています。


FacebookとOculus、ARグラスを投入すべく開発者を募集

海外のモバイルゲーム系メディアのPocketGamerによると、現在FacebookとOculusはARスマートグラスの開発に必要な人材募集の枠を拡大しています。

FacebookとOculus両社の採用情報には、ARに関する職種が多数リストアップされており、VRに加えてARデバイス開発も加速する姿勢が伺えます。

独自のスマートグラスを開発中

Facebookが独自のARスマートグラスを開発していることは既に知られており、同社のAR事業の主任を務めるFicus Kirkpatrick氏によって、2018年に行われたTechCrunchのインタビューにて明らかになっています。

私たちはハードウェア製品を開発しており、目標に向けて進んでいます。こうした(AR)グラスを実現したく、目的を達成するために自分たちの役割を果たしたい。

と、同氏は述べています。

また、先日Oculusが公開した採用情報には、多数のARハードウェア関連の職種が記載されており、ARプラットフォーム製品デザイナーAR体験の製品デザイン・プロトタイプ開発AR/VR関連の戦略・オペレーション主任、といった項目を確認できます。

OculusとFacebookによるARデバイス開発

FacebookはOculusとの連携を緊密にして、スマートグラスの開発に臨む姿勢を見せています。両社のAR/VRマーケティング職の募集欄には、

将来、ARグラスによって物理とデジタル世界が一つに混ざり合うでしょう。(中略)それによって、(ARグラス)は次世代の主流になり、消費者向けの、欠かせないテクノロジーになるでしょう。

と、同社のARに対するビジョンを提示しています。

ARデバイス開発チームを設立か

また、Business Insiderによると、2019年1月にはFacebookのVR技術研究・開発部門であるFacebook Reality Labsから、数百人の従業員が、スマートグラス開発に特化した専任チームに異動したことが報告されています。

このチームのメンバー数は正確には明らかではありませんが、Business Insiderによるとその数は400人、また別のソースによると、650人ものメンバーが同チームに在籍しているとのことです。

FacebookのAR/VR事業、コミュニケーション主任を務めるTera Randall氏は、この大規模異動に関して、

これによって、AR製品を研究段階から、製品開発段階へと移行しました。(ARグラスの)出荷に、段々と近づいてきました。

と述べており、一般ユーザー層を対象にしたARデバイス市場で、今後Oculus・Facebook両社が主要プレイヤーになる可能性を示しています。



発表は2022年ごろ?

HoloLensやMagic Leap Oneなど、現在発売されているARヘッドセットはおもに産業用途向けで、サイズが大きく価格も高額であることから、一般ユーザー向けとは言い難いでしょう。

そのため、今後はより一般ユーザーを対象にしたスマートグラス開発が盛んになりそうですが、そのためにはデバイスを軽量・薄型にする必要があります。ですが、VRヘッドセットと比べて使用する技術が必然的に複雑・高度化するため、こうしたデバイスの開発には時間を要します。

このため、Business Insiderによると、Facebookは当初2020年頃にARスマートグラスを発表する予定でしたが、その後予定がズレ込み、2022年頃まで延期するとのことです。ですが同社は、

ARに関するエキサイティングな道標があり、そこには様々な製品が含まれている。

と、述べていることからも、様々なユーザー層を対象にした複数のARスマートグラスが発表される可能性があります。

まだ殆ど手付かずの分野である一般層向けのARハードウェア市場を、FacebookとOculusがどのように攻略していくのか、今後も両社の動向には要注目です。

まとめ

Facebookはかねてから独自のARスマートグラスを開発していましたが、今後は子会社のOculusとも連携しながらデバイス開発に注力するようです。

現在、両社はARハードウェア関連の求人を多数掲載しており、開発体制を強化している様子が伺えます。また、FacebookはARデバイス開発チームに数百人のメンバーを異動していることからも、同社にとってARが極めて重要な戦略であることが分かります。

一説では2022年ごろに発表されるというFacebook・OculusによるARスマートグラス、一般ユーザーでも手軽に使える低価格のデバイスになるなら、現在のAR市場が様変わりしそうですね。

【関連リンク】
Road to VR









Daisuke


フリーランスの翻訳ライター。XR、VTuber、人工知能を専門に各種メディアに寄稿しています。 Twitter: https://twitter.com/dsiwmr

 

最新ニュースを読む