VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

発達障害支援VRプログラムemouでVRトレーニングの有効性検証!自治体初、三重県の特別支援学校で実施

株式会社ジョリーグッドと三重県は2019年11月28日(木)、発達障害者へのVRトレーニング効果検証を目的として、ジョリーグッド社が提供する発達障害支援VRプログラム「emou」(エモウ)を用い、公立の特別支援学校にてVRを活用した検証を開始したことを発表しました。


VRトレーニング効果検証の内容について

発達障害のある人は、はじめてのことが苦手な場合が多く、失敗を繰り返すことで自己肯定感が低くなり、社会への参加が限定的でした。

今回の検証は、三重県立子ども心身発達医療センターに併設し、特別な支援を必要としている子どもたちの多角的な支援を医療及び福祉機関と連携した教育環境の中で提供している「県立かがやき特別支援学校あすなろ分校」にて、「emou」によるVRを活用した授業が実施されます。

VRで当事者や他者の目線で社会生活を疑似体験することで

・事実を適切に捉える力

・他者の表情や言動から心情を推察する力

・自身の考えを共有する力

などの変化を評価し、増え続ける発達障害の人の新たなトレーニングとしてVRの有効性を検証することが目的です。

公立の特別支援学校で、こうしたVRを活用した検証が行われるのは全国の自治体でも初めての取り組みとなります。

<2019年11月28日(木)に行われた記者報告会の様子>

emouとは

「emou」は、学校生活や職場などの様々な場面の予習を、VRのリアルな仮想空間内で何度でも体験トレーニングすることが可能な発達障害支援プログラムで、発達障害の人が苦手な、対人関係や集団行動を上手に営んでいくための技能を獲得する “ソーシャルスキルトレーニング”を、専門医の監修のもとVRプログラム化したものです。

利用者はVRゴーグルを装着するだけで、これまでのワークシートやロールプレイでは再現が難しかった、学校生活におけるクラスメイトや先生との様々な場面を、まるで実際の空間で体験しているかのように、繰り返しトレーニングすることができます。

また、トレーニング中の視点解析では

・利用者の理解度をスコア化すること

・他者視点の理解

・事象を適切に理解する力

を選択肢次第で展開の変わるストーリーによって、育て、学ぶ楽しさを実感することができます。

また、VRによって場面の共有が簡単にできるため、経験の浅い支援スタッフでも良質なサービスを提供することが可能です。

「emou」には、社会生活の様々な場面をリアルに疑似体験ができる専門医監修のVRコンテンツが80以上あり、すでに全国の民間の発達障害支援機関(福祉施設、医療機関)などに導入されています。

【サービス詳細】 emou

放課後の話し合い

内緒の理解





発達障害とは

発達障害とは、生まれつき脳機能の発達に凸凹や偏りがあり、社会生活において生きづらさを感じている障害です。

厚生労働省によると、発達障害と診断されている人は約48万1千人で、この数は、発達障害の診断基準の明確化や概念の浸透もあり年々増加し、文部科学省によると約6.5%(国内人口換算で約780万人)が発達障害の可能性があると言われています。

早期の適切な療育や訓練を受けることによって、社会へ参加する力を伸ばすことが求められています。

引用元:emouプレスリリース

まとめ

日常の様々な場面がVRで再現されることで、利用者はリアルに社会を予習をすることができる「emou」はとても実用的なトレーニングコンテンツです。

発達障害は症状や得意不得意の特性も人によって異なるので、選択肢次第で展開の変わるストーリーによってそれぞれに合った支援ができるという点も魅力です。

発達障害の人が生きづらさを感じないで生活できるためには、早期の適切な療育や訓練で社会参加力を伸ばすことに加えて、皆が当たり前のように「多様性」を受け入れる社会も必要ですね。

ソース:「emou 発達障害者へのVRトレーニング効果検証」に関するプレスリリース[PR Times]









VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む