VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > VR「体験」が決め手に!提案を支援する「VRプレゼンテーション」事業を開始

VR「体験」が決め手に!提案を支援する「VRプレゼンテーション」事業を開始

VR・モノづくり事業をおこなっている株式会社ロマンテックジャパンは、「VR」を用いて営業・提案を支援する、「VRプレゼンテーション」事業を開始したことを発表しました。


「VR プレゼンテーション」事業とは?

「VR プレゼンテーション」は、「VR」を用いて営業・提案を支援するツールです。

製品・サービスの提案をVR化することにより、「体験」を通じた効果的な営業が可能となり、営業現場では、VRゴーグル一台を持参するだけで、今までとは全く異なる、次世代の提案をすることができます。

提案事例

医療機器提案

VR空間の中に、MRIなどの医療機器を原寸大で構築し、多種の機器を使用感も含め体験することができます。

工作機械提案

VR空間の中に、切削機やポール盤などを原寸大で構築し、VRを用いた提案パンフレットとして使用することが可能です。

また、実際にVR上で機械を動かし、クライアントのニーズにあった機械を的確に提案することができます。

ラグジュアリー製品提案

クルーザーやプライベートジェットなどを現地に行かずにVRグラスを用いて提案することが可能です。

外観・内装の細部を体験できる他、運転席に座った体験もできます。

イベント提案

イベントの提案段階のプレゼンテーションに用いることが可能です。

CGを用いることにより、まだ実際に設営されていないイベント会場をシュミレーションすることが可能です。

「VRプレゼンテーション」のココがすごい!

VRだから可能な伝達力

・大型の機械やすぐに連れていくことができない現場

・複雑な説明が必要な製品

・製造前のプロトタイプ情報

などをどこにいても、現物がなくてもリアルに伝えることができます。

営業担当者に依存しない安定したプレゼン

営業スタッフ個人のプレゼンテーション能力や知識

に左右されることなく、クライアントへ質の高い安定した提案が可能になり、少ない営業スタッフで大きな成果を残すことができます。



事業化の背景

ロマンテックジャパン社は、3Dマッピングやモノづくりを行う中で長年培ってきた技術を基に、VR技術を営業・提案に応用する新しいサービスを事業化しました。

本事業では、製品・サービスを一つ一つVRデータ化することにより、営業スタッフの負担を減らし、クライアントに対して「体験」を通じ提案を行うことができます。

さらに、少子高齢化や働き方改革で営業スタッフの教育コストが増大している今般、クライアントにVRグラスを用いて提案することにより、安価で安定した営業・提案クオリティーを保つことが可能となります。

ロマンテックジャパン社では、プロジェクト一つ一つに対し、専任の担当者が営業課題のヒヤリングから制作までを実施、安定した品質で「VRプレゼンテーション」を企業へ提供します。

また、本事業のビジネスパートナー・代理店企業も募集しています。

詳細:VRプレゼンテーション公式サイト

まとめ

ロマンテックジャパン社はもともとプロダクトデザインを専門にしてきた会社が母体ということで、VRの技術だけでなく、モノづくりの観点からも伝わる提案がいかに大切かを理解し、「体験」できる「VRプレゼンテーション」に行き着いたのではないでしょうか。

VRの特性を生かしセールスとして、不動産業界では、VRの活用が進んでいますが、今後は対企業へのプレゼンでVRの活用が進みそうですね。

ソース:VRプレゼンテーションに関するプレスリリース[PR TIMES]








VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む