VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > 「バーチャル渋谷」5/19開設!VR上のスクランブル交差点で攻殻機動隊トーク

「バーチャル渋谷」5/19開設!VR上のスクランブル交差点で攻殻機動隊トーク

KDDI株式会社、一般社団法人渋谷未来デザイン、一般財団法人渋谷区観光協会を中心とする参画企業50社で組成する「渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト」は、新型コロナウイルス感染症の影響拡大に伴い、経済や文化などさまざまな活動が制限されるなか、先端テクノロジーを活用してエンターテイメントの活動を止めることなく、自宅からさまざまなイベントの開催、参加が可能となる渋谷区公認の配信プラットフォーム「バーチャル渋谷」を2020年5月19日にオープンすることを発表しました。


「バーチャル渋谷」とは?

▲5月19日「バーチャル渋谷」のイメージ

「バーチャル渋谷」は、自宅に居ながらも活動を止めることなく、アーティストのライブやアート展示、トークイベントなど「渋谷」らしいコンテンツを発信・体験できる配信プラットフォームです。

最先端テクノロジーとエンターテイメントを組み合わせることでバーチャルイベント会場と、リアルな渋谷の街と連携し同一コンテンツを表現するデジタルツイン(ミラーワールド)の2つの体験が提供されます。

本プラットフォームは、11月に開催される渋谷区共催事業”SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA 2020 (SIW)“における都市型イベント会場としても展開予定です。

さらにデジタルツイン(ミラーワールド)におけるイベントは今夏に予定されています。

また「渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト」は、「渋谷」における経済や文化の流れを止めずに、エンターテイメントで新しい体験価値を創出し、文化創造都市である「渋谷」をサポートしていくとしています。

オープニングイベント「#渋谷攻殻NIGHT by au 5G」開催!


2020年5月19日には、オープニングイベントとして、「バーチャル渋谷」上のスクランブル交差点にて、「攻殻機動隊 SAC_2045」を含む「攻殻機動隊」シリーズのファンである、SEKAI NO OWARIのDJ LOVEや、にじさんじ所属バーチャルライバー アンジュ・カトリーナ、渋谷未来デザイン フューチャーデザイナー 若槻 千夏、S/U/P/E/R(スーパー)DOMMUNE(ドミューン)代表 宇川 直宏らがアバターとして登場する、LIVEトークイベントが実施されます。

イベント概要

生粋の攻殻機動隊ファンが「バーチャル渋谷」にアバターで集結します。

最新作『攻殻機動隊 SAC_2045』の世界とも融合したバーチャル渋谷のスクランブル交差点で攻殻機動隊シリーズの魅力について熱く語ります。

このテーマでなければ集まることのない異色のゲストと共に攻殻機動隊ワールドに陶酔できるトークイベントです。

テーマ:攻殻機動隊初心者講座と『攻殻機動隊SAC_2045』のココがスゴイ!

日 時:2020年5月19日(火) 19:00 ~ 19:45

出演者:渋谷未来デザイン フューチャーデザイナー 若槻千夏

アーティスト EKAI NO OWARI“DJ LOVE”

S/U/P/E/R(スーパー)DOMMUNE(ドミューン)代表 宇川直宏

にじさんじ所属バーチャルライバー  アンジュ・カトリーナ

参加方法:

バーチャル渋谷には、VRデバイス、スマートフォン、パソコンから参加することができます。

参加するためにはclusterの無料アカウント作成と、利用するデバイス用のclusterアプリのインストールが必要となります。

1. clusterアカウント作成

clusterのウェブサイトにアクセスし、画面右上の「ログイン/新規登録」からアカウントを作成します。

2. アプリダウンロード

アプリをダウンロードより、使用するデバイス用のclusterアプリをインストールします。

またVRデバイスを使用して利用する場合は、clusterアプリのほかSteamVRのインストールも必要となります。

3. イベントへの参加

「#渋谷攻殻 NIGHT by au 5G」のイベントページにアクセス後、ページ下部の「会場に入る」というボタンをクリックするとイベントに参加できます。

参加・詳細:渋谷攻殻 NIGHT by au 5G

ライブ配信:YouTube Live

渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト 公式Twitter

イベントの様子は、YouTube Live、渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト 公式Twitterでも同時中継されます。



配信プラットフォーム「バーチャル渋谷」概要

「バーチャル渋谷」では主に2つの体験を楽しむことができます。

体験その1:オンラインイベント

VRイベント会場で開催されるさまざまなオンラインイベントを体験できます。

参加者は、自宅からスマートフォンやパソコン、VRデバイスを使ってイベント会場となる「バーチャル渋谷」に参加します。

アバターを使って会場内を自由に移動しながら、他の大勢の観客と同じ空間を共有し、インタラクティブなオンラインイベントを楽しむことができます。

イベントの様子は動画配信サービスなどでも配信され、渋谷の新たなイベント会場・発信スタジオとしても展開していきます。

イベント会場は、現実の渋谷にVRならではの演出や装飾を加えた特別な空間となっています。

体験その2:XRアート

これまで実際に渋谷に行かなければ体験できなかった「XRアート」などのXRコンテンツが体験できます。

リアルな渋谷とつながったもうひとつのVR上の渋谷を回遊しながら、さまざまなXRコンテンツを楽しむことができます。

XRコンテンツは、リアルとバーチャルのそれぞれの渋谷の同じ場所で、同一のものが展開されます。

渋谷の「デジタルツイン」として、リアルとバーチャルの双方がエンターテイメントで拡張されます。

コンセプト&今後の予定

・渋谷らしいコンテンツを発信する「場所」をVR空間上に構築し、今後は「渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト」参画企業等とのコラボレーションが予定されています。

・渋谷を代表するスクランブル交差点スポットを回遊することができ、スポットは随時拡大されていきます。

・各スポットでは、リアルな『渋谷』と同様にアーティストによるライブや、トークショー、アート展示などのエンターテイメントが体感できるオンラインイベントが随時開催されます。

・5Gや最先端のテクノロジーを駆使し、どこからでもアクセス可能で、時間や場所など従来の制約を超えた5G時代のエンターテイメントが提供されます。

・リアルな渋谷の街と連携し、同一コンテンツを表現するデジタルツイン(ミラーワールド)のデジタルとリアルが融合する世界を実現します。

利用料金

無料

協力企業とその役割

クラスター株式会社:バーチャルイベントプラットフォーム「cluster」を運営。

バーチャルイベント会場において「cluster」を用いた技術協力。

株式会社Psychic VR Lab:VR/ARクリエイティブプラットフォーム「STYLY」を提供。

デジタルツイン(ミラーワールド)において「STYLY」を用いた技術協力。

渋谷区長 長谷部健氏のコメント

新型コロナウイルスの感染拡大が続き、緊急事態宣言が発令され、多くの皆様の生活にも不自由をきたしています。

そういった状況下であるからこそ、渋谷らしい解決策や動きが必要だと感じています。

これまで未来の渋谷のために計画しても実現に時間を要していたこと、自治体だけでは実現できなかったことをさまざまな企業や人と共に一丸となって、今こそ日本が誇れるカルチャーを持つ「渋谷」の未来のカタチを推し進める時が来ました。

第2の渋谷である「バーチャル渋谷」は、無限の可能性を秘めていると考えています。

この状況を乗り越えるためではなく、渋谷がサスティナブルなカルチャー発信の先駆者となれるようチャレンジし続けます。

引用元:渋谷5Gエンターテイメントプロジェクトプレスリリース

渋谷未来デザイン理事・事務局次長 長田新子氏のコメント

新型コロナウイルスの感染拡大防止ということで、多くの人々や事業者に自粛生活が強いられています。

本来エンターテイメントは、人々に生きる喜びやモチベーションを与え、日々の生活を豊かにします。
だからこそ創造文化都市を目指す渋谷は、この時期に形は変えながらも文化活動をつなぎ続け、発信していくことに意義があると考えます。

渋谷5Gエンターテイメントプロジェクトは、多様な主体が知識とリソースを提供し、オープンイノベーションによって都市の未来像とエンターテイメントの力を、テクノロジーを駆使しながらカタチにすることをミッションとして生まれました。

このような状況下でも、共通の想いを持つパートナーの皆様含めた多くの仲間と今できることを前向きにやりつつ、将来を見据えた実験を繰り返し、事態が収束した際にはリアルな渋谷に新たな体験価値が生み出されることが、これからの社会への貢献につながると信じています。

引用元:渋谷5Gエンターテイメントプロジェクトプレスリリース

渋谷5Gエンターテイメントプロジェクトへの新参画企業

これまでの33社に加え、新たに以下の17社が加わりました。

「渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト」は、この合計50社の参画企業だけでなく、渋谷に携わるさまざまなカルチャーや、渋谷とともに生きる人々と次世代の渋谷を創造していくとしています。

渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト

新規参画企業名:カシオ計算機株式会社 / kakimoto arms / 株式会社ピクス / 東京メトロポリタンテレビジョン株式会社 /株式会社イマジカデジタルスケープ/ 株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント /ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社 / ぴあ株式会社 / みずほ情報総研株式会社 /株式会社みずほ銀行 / 株式会社プレイブレーン / クラスター株式会社 / SUPER DOMMUNE /MOMENT FACTORY / 株式会社 クリエイティブマンプロダクション / 株式会社ナターシャ /SHOWROOM株式会社

Netflixオリジナルアニメシリーズ『攻殻機動隊 SAC_2045』について

近未来SFの金字塔「攻殻機動隊」、神山健治 × 荒牧伸志による2045年の未来像

全身義体のサイボーグ・草薙素子率いる公安9課が、今再び電脳犯罪に立ち向かう情報ネットワークとサイボーグ(義体)技術の発達により人々の意思が“電脳”に繋がれた近未来において電脳犯罪に立ち向かう全身義体のサイボーグ・草薙素子率いる攻性の組織、攻殻機動隊。

1989年に士郎正宗により発表された原作コミック『攻殻機動隊 THE GHOST IN THE SHELL』を起源とし、アニメーション、ハリウッド実写映画など様々な作品群が展開され、その先鋭的且つ圧倒的な世界観とビジュアル表現により、全世界のクリエイターに影響を与えてきた近未来SFの金字塔が新たな未来像を提示する。

『攻殻機動隊S.A.C.』シリーズの神山健治と、『APPLESEED』シリーズの荒牧伸志が共同監督としてタッグを組み、田中敦子、大塚明夫、山寺宏一ほか『攻殻機動隊S.A.C.』シリーズのオリジナルキャストが集結。

迫力のサイバーパンクアクションと、草薙素子たちの全く新しい物語が描かれる。

制作はProduction I.G × SOLA DIGITAL ARTS。

Netflixオリジナルアニメシリーズ『攻殻機動隊 SAC_2045』は、Netflixにて全世界独占配信中。

引用元:渋谷5Gエンターテイメントプロジェクトプレスリリース

作品公式サイト

Netflix作品ページ

まとめ

なんとも『渋谷』らしい配信プラットフォームが誕生します。

5月19日のオープニングでは、「渋谷攻殻NIGHT by au 5G」と題して異色のゲストによるトークイベントが展開されます。

今後も様々なイベントが展開される予定で、5G・アフターコロナ時代の新たなPOPカルチャーの発信地となりそうですね。

ソース:「バーチャル渋谷」に関するプレスリリース[PR TIMES]








VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む