VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > VRMアバター連携も可能!「BOW MAN」Oculus Quest版リリース

VRMアバター連携も可能!「BOW MAN」Oculus Quest版リリース

合同会社DMM.comは2021年1月29日(金)、Japanese Style VRシューティングゲーム「BOW MAN」のOculus Quest版をリリースしたことを発表しました。



PC版から26増の全80ステージ!

今回リリースされたのは、2019年にOculus Rift Store、 Steam、DMM GAMESでリリースした「BOW MAN」のOculus Quest版です。

クロスバイに対応しているため、すでにOculus Rift Storeで「BOW MAN」を購入済みの場合は、追加購入無しでQuest版「BOW MAN」を楽しむことができます。

SOLOモード、VERSUSモードは共にリニューアルされており、PC版とは異なるステージを楽しめます。

SOLOモードでは26ステージ追加され全部で80ステージも楽しむことができます。

また、放った矢が風に煽られる、風が吹くステージも追加されていて、より高難易度のステージも楽しめます。

VERSUSモードでは、CPUとの一対一の遠距離射撃対決がプレイでき、精巧な射撃が求められる決闘を楽しめます。

DMM VR Connectβと連携で自分のアバターでプレイ可能

Quest版ではDMM VR Connect を通じたVRMアバター連携により、自分のアバターを着たゲームプレイができるようになっています。

Quest版 BOW MAN 概要

公式配信時期:2021年1月28日

ジャンル:Japanese Style Shooting

対応端末:Oculus Quest 対応

配信プラットフォーム:Oculus Quest, Oculus Quest 2

※oculus.com、及び正規販売店(Amazon Japan、ヨドバシカメラ、ビックカメラ、ヤマダデンキ、GEO)にて購入可能

配信ストア:Oculus Questストア

価格:¥1,490

詳細:「BOW MAN for Quest」公式サイト



Quest版「BOW MAN」とPC版はココが違う

SOLOモード

Quest版では、PC版より26ステージ増え、全80ステージを楽しめます。

Quest版「BOW MAN」:80ステージ

PC版「BOW MAN」:54ステージ

VERSUSモード

Quest版では、CPUとの対戦と成績ランキングを楽しめます。

Quest版「BOW MAN」:CPUとの対戦/成績ランキング

PC版「BOW MAN」:オンラインプレイヤー対戦

VRM読み込み

Quest版では、DMM VR Connect βを利用してなりたい自分のアバターで、ゲームを楽しめます。

Quest版「BOW MAN」:DMM VR Connect β対応

PC版「BOW MAN」:ローカルフォルダからのVRM読み込みに対応

3rdパーソンカメラ

Quest版「BOW MAN」は、PC版「BOW MAN」にある3rdパーソンカメラには対応していません。

描画

Quest版「BOW MAN」は、Oculus Questでの描画に最適化されています。

DMM VR Connectとは?

2020年11月にスタートした、対応するVRや3Dアプリに自分の好きなアバターを持ち込むことができるアカウントサービスです。

詳細:DMM VR Connect

まとめ

DMM VR labから「BOW MAN」のOculus Quest版がリリースされました。

SOLOモードでは、風が吹くステージなどよりチャレンジングなステージを含め全80ステージが楽しめます。

さらにDMM VR labが力を入れているDMM VR Connectを通じたVRMアバター連携により、自分のアバターでゲームプレイができるようになりました。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]








VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

↓こちらも読まれています↓

最新ニュースを読む