VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > 視覚をシェアできるスマートグラス「Ray-Ban Stories」リリース!

視覚をシェアできるスマートグラス「Ray-Ban Stories」リリース!

Facebook社は2021年9月9日(米国時間)、友人や家族、自分の周囲の世界と常につながりながら、写真や動画の撮影や音楽の視聴、通話といったアクションを全く新しい方法で行うことができるスマートグラス「Ray-Ban Stories」を発表しました。



Ray-Ban Storiesとは?

今回発表された「Ray-Ban Stories」は、Facebook社とEssilorLuxotticaとのパートナーシップによって開発された第1世代のスマートグラスです。

デザインはクラシックなレイバンスタイルを基本に、20種類のバリエーションで展開されており、価格は299米ドルからで、

・アメリカ

・カナダ

・イギリス

・アイルランド

・イタリア

・オーストラリア

の6か国で販売が開始されています。

公式サイトでのオンライン販売のほか、一部の小売店でも販売されており、第1世代のため、ARグラスとしての機能は備わっていないものの、写真や動画の撮影とその共有、音楽の視聴、通話が可能となっています。

5メガピクセルのカメラで「人生の瞬間を捉える」

Ray-Ban Storiesには、5メガピクセルのデュアルカメラが内臓されており、ユニークな一人称視点で人生の瞬間を捉えるような撮影が可能です。

自分が見たままの世界を簡単に記録することができ、写真や最大30秒の動画をキャプチャボタンを使って撮影したり、Facebookアシスタントの音声コマンドを使ってハンズフリーで撮影することが可能です。

豊かな音声の伝達を実現

フレームには流線型のオープンイヤースピーカーが内蔵されており、3つのマイクロフォンオーディオアレイによって、通話や動画でも豊かな音声の伝達が実現されています。

さらに、ビームフォーミング技術とバックグラウンドノイズ抑制アルゴリズムにより、専用ヘッドフォンのような優れた通話体験が可能です。

映像をシームレスに共有

Ray-Ban Storiesは、新しいFacebook Viewアプリと連携させることで、撮影した写真や動画、思い出を友達やSNSのフォロワーとシームレスに共有することが可能です。

Facebook Viewアプリは、iOS・Androidに対応しており、Ray-Ban Storiesで撮影した映像をFacebookやInstagram、Messenger、Twitter、TikTok、SnapchatなどのSNSアプリに簡単に取り込み、編集・共有することが可能です。

また、映像をスマートフォンのカメラロールに保存し、そこから編集して共有することもできます。

さらに、Facebook Viewアプリに搭載された独自の投稿キャプチャ機能により、ユニークな映像を作成して、投稿に自分らしい特別な工夫を加えることができます。





プライバシーに配慮した設計

Ray-Ban Storiesは、プライバシーに配慮した設計となっており、ユーザーだけでなく、周囲の人々にも配慮した多くの機能が組み込まれています。

写真や動画の撮影中にはレンズの近くに配置されたLEDが点灯し、撮影していることを周囲の人に知らせます。

ガイドライン詳細:はRay-Ban Storiesプライバシー・マイクロサイト(英文のみ)

自分に合ったスタイルをRay-Banの定番モデルから

Ray-Ban Storiesは、Ray-Banの定番モデルであるWayfarer、Wayfarer Large、Round、Meteorの20種類のモデルバリエーションと5色のカラーバリエーションから選ぶことができます。

さらにレンズも

・クリア

・サン

・トランジション

・度付き

などに変更可能なので、自分に合ったスタイルを選べます。

Facebook社は、ファッション性の高いスタと革新的なテクノロジーを提供するとともに、ユーザーが友達や家族とよりつながれるよう、開発を進めていくとしています。

まとめ

Facebook社がスマートグラスの第1世代となる「Ray-Ban Stories」をアメリカなど6か国で販売を開始しました。

デザインは、Ray-Banの人気の定番モデルから20種類のバリエーションとファッション性が高いながら、「人生の瞬間を捉える」というコンセプトどおりの機能が備わっています。

第1世代ということで、ARの機能は備わっていませんが、リリースに合わせて公開された動画で、マーク・ザッカーバーグCEOは「これは究極のARグラス開発に向けた重要な一歩だと確信している。」と語っており、今後の開発に期待が高まります。

日本での販売については未定ですが、今後が楽しみですね。









VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む