VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > マルイノアニメ×徳川美術館が刀剣6振「とくびぐみ」リアル&メタバースでアート展を同時開催

マルイノアニメ×徳川美術館が刀剣6振「とくびぐみ」リアル&メタバースでアート展を同時開催

株式会社Gugenkaは、株式会社丸井グループのマルイノアニメと共同でデジタルアート展をリアルとバーチャルで同時開催することを発表しました。



メタバースで名刀「とくびぐみ」を鑑賞

今回公開されるデジタルアートは徳川美術館の協力のもと尾張徳川家に伝来した6振、通称「とくびぐみ」と呼ばれる刀剣です。

リアル会場とメタバース会場の2か所で3DCGで細部まで再現された刀剣と、映像を体験することができます。

リアル会場:「コミックマーケット100」丸井グループブース

メタバース会場:NTTが提供する「DOOR」

リアル会場は「コミックマーケット100」

リアル会場は、2022年8月13日(土)~14日(日)に東京ビッグサイトで開催される「コミックマーケット100」の丸井グループのブースです。

開催概要

日時:2022年8月13日(土)~14日(日)10:30~16:00

場所:東京ビッグサイト

ブース名:丸井グループブース

見どころは「とくびぐみ」の映像作品

丸井グループブース内ではGugenka制作のデジタルアート映像作品を鑑賞することができます。

徳川美術館が所蔵するおよそ1,000振もの刀剣類の中でも特に人気の高い6振、通称「とくびぐみ」が展示されその魅力を体験することができます。

3DCGの刀剣をARで楽しめるカードをプレゼント

丸井グループブースでは、刀剣6振が見られるカード(6種)が無料配布されます。

カードのQRをデジタルフィギュアビューワーアプリ「HoloModels」で読み込むと、3DCGの刀剣をARで楽しむことができます。

HoloModelsについて

「HoloModels」は、スマートフォンARやVRデバイスで自由に表情やポーズを設定して等身大にもできるデジタルフィギュアを楽しんだり、デジタル空間を回遊できるXRビューワーアプリケーションです。

現在、取り扱っているタイトル数は40以上で100以上のラインナップを楽しめます。

【最新版のアプリダウンロード(無料)】

Android

iOS



VR会場は「バーチャルマルイ」


「バーチャルマルイ」は、NTTが提供するDOOR上につくられたバーチャルワールドで、PCやスマートフォンで手軽に体験することができます。

アプリのインストールも必要なく、入場無料でWebブラウザから簡単にワールドに入場することが可能です。
今回は徳川美術館の協力により、「マルイノアニメアートミュージアム」が制作されました。

VR会場内では、リアル会場で流れているデジタルアートを再現しています。

迫力ある映像をVRで体験することが出来ます。

VR会場

MakeAvatarで使える3種類のアバター衣装がもらえる

「バーチャルマルイ」オープンを記念したアバター衣装が登場。

マルイノアニメと徳川美術館がコラボしたアバター衣装が、バーチャルマルイにあるキーワードを入力するだけでダウンロードできます。

アバターは「VRChat」、「DOOR」、「THE SEED ONLINE」、「VRoid Hub」と連携しており、着物衣装を着て、VR世界を楽しむことができます。

アバター入手方法

バーチャルマルイのワールド内に記載されている「キーワード」をXMarketのページで入力するとアバター衣装を手に入れることができます。

アバター衣装の交換には、XMarketのアカウント登録が必要です。

プレゼント配布期間:2022/8/9(火)~2022/12/31(土)

キーワード入力ページ:XMarket

MakeAvatarについて

パーツを組み合わせるだけで簡単にVR・メタバース用オリジナルアバターが作れるスマホアプリです。

また、Gugenkaのデジタルコンテンツ専門ECサイト「XMarket」でオリジナル衣装や、人気キャラクターのコラボ衣装を購入し、MakeAvatarで使用することができます。

作成したアバターは「DOOR」「Virtual Cast」「THE SEED ONLINE」「VRoid Hub」など様々なソーシャルVRで使用することが可能です。

詳細:XMarket

まとめ

Gugenkaと丸井グループのマルイノアニメが共同でデジタルアート展をリアルとバーチャルの2か所で開催することを発表しました。

リアル会場は「コミックマーケット100」の丸井グループのブースで、バーチャル会場は、DOOR上のVR空間でそれぞれ楽しむことができます。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]









VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む