VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > 講談社VRラボのVRアニメ作品が高雄映画祭にノミネート!配信は来年中頃

講談社VRラボのVRアニメ作品が高雄映画祭にノミネート!配信は来年中頃

株式会社講談社VRラボは、同社が企画・制作したVRアニメ『Thank you for sharing your world』が、2022年10月14日から30日まで開催される高雄映画祭のVR部門コンペティションにノミネートされたことを発表しました。

また、同作品はノミネートだけでなく映画祭の開催期間中、展示される予定となっています。



講談社のVRアニメが高雄映画祭にノミネート

高雄映画祭(KFF2022)」とは台湾の南西部に位置する都市『高雄市』で開催される映画祭です。

初開催は2001年で、それ以降毎年10月から11月にかけて、高雄市内の劇場を中心に国内外の約150作品が上映され、審査員投票による賞と賞金の授与が行われています。

また、KFFは日本映画の”特別上映”や”回顧展”、”監督特集”が組まれるなど”親日の映画祭”としても知られており、今年は2022年10月14日から10月30日の日程で開催されます。

その「KFF2022」に、講談社VRラボ社が企画および制作を、講談社が製作を手掛けたVRアニメーション「Thank you for sharing your world」がVR部門コンペティションにノミネートされ、映画祭の開催期間中に展示される予定であることが発表されました。

Thank you for sharing your worldとは

今回ノミネートされた「Thank you for sharing your world」は、その企画と制作を講談社VRラボ社が担当し講談社が製作にあたった上映時間約33分のVRアニメーション作品で、2023年中旬頃にオンラインでの配信が予定されています。

本作品は、「目の見えない人は実は想像力豊かに色鮮やかな世界に生きている」というインタビューをきっかけに創作されたオリジナルストーリーで、『盲目の少年の想像力によって広がる美しい世界』をCGアニメーションとインタラクションで表現しています。

あらすじ

小学生の頃に病気で視力を失った主人公、タカシ。

目の前の世界を想像し、映像として再現することで、日常生活はほとんど不自由なく過ごしている。

しかし気持ちは塞ぎがちで世の中に対する興味も日常の楽しみも失っていた。

ある日タカシは、シンジという軽度の自閉症の幼馴染に誘われて、二人きりで蒸気機関車のセレモニーを見に出かける。

途中あることで喧嘩してはぐれてしまったが、周囲の人々のサポートから、セレモニーで再会を果せた。

お互いのことを大事に思っていることに気づき、二人は仲直りをする。

と、二人の目の前を、蒸気機関車が迫力いっぱいに通過していく。

タカシの想像力は刺激され、シンジの声を頼りに、周囲の世界を次々と思い描いていく。

世界はどこまでも広がりを見せ、タカシは、世界は自分の気持ち次第で変えられることを知るのだった。

主人公タカシの英語キャストにZACH AGUILAR氏、日本語キャストに中川翼氏、シンジの英語キャストにNICOLA FRICANO氏、日本語キャストに岡山天音氏を迎え、監督と脚本を作道雄氏が務めています。



作道雄監督の略歴

作道雄監督は1990年 大阪府生まれ、京都大学法学部卒業後、2014年に映像制作会社「クリエイティブスタジオゲツクロ」を設立し代表に就任しています。

映画監督として活躍する一方、脚本家としてテレビドラマの脚本なども手掛け、監督作として映画「神さまの轍」(2018)、脚本作品として映画「光を追いかけて」(2021)、「アライブフーン」(2022)、NHKテレビドラマ「ペットにドはまりして、会社辞めました」(2022)などを世に送り出しており、「Thank you for sharing your world」では、盲目の少年が見ている世界をVRで表現することに挑んでいます。

まとめ

10/14から台湾で開催される「KFF2022」のVR部門コンペティションに、講談社VRラボ社が企画と制作を手掛けたVRアニメ「Thank you for sharing your world」がノミネートされており、さらに期間中展示される予定となっています。

日本で製作されたVRアニメが世界に広がり評価が高まることは、ファンにとってもうれしいニュースと言えますね。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]









VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む