VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VRで異世界へ!リゼロのVRアプリ「VRでエミリアと異世界生活-膝枕編&添寝編」の発売が6月9日に決定。レム編も本日から発売開始

2018/09/13 16:40

    株式会社シーエスレポーターズの日本アニメデジタルグッズブランド「Gugenka from CS-REPORTERS.INC」は、「リゼロ」こと「Re:ゼロから始める異世界生活」のスマートフォン向けVRアプリ「VRでエミリアと異世界生活-膝枕編&添寝編」を6月9日(金)に発売すると発表した。

    また、以前VR Insideでも紹介した「VRでレムと異世界生活-膝枕編&添寝編」は本日、5月26日(金)より発売開始。

    価格は膝枕編・添寝編、それぞれ960円。iOS/Android両OSに対応している。

    b2_hizamakura_02-min

     

    名場面を追体験できる「膝枕」編

    膝枕_0502

    ファンなら言わずもがな、リゼロと言えば膝枕のシーンがあまりにも有名だが、本アプリではその名シーンを再現。

    目の前にエミリアが存在しているかのような感覚に陥るほど、3Dモデルの出来も高く、スマホVRアプリとしてはトップクラスの出来ではないだろうか。

    他にも誕生日やクリスマスなどリアルなイベント日と連動した24シーンが新規収録ボイスで体験できるのもファン必見。

    また、膝枕モードの他にVRフィギュア「鑑賞」モードもあり、VRならではの実寸大で描かれたキャラクターを360°好きな角度から鑑賞できるのも特徴的。シーンは4つ収録されている。

     

    隣で寝かしつけてくれる「添寝」編

    添寝

    同タイミングで添寝編もリリース。膝枕モードとはまた違ったドキドキが体験できるモードとなっており、どちらもファンとしては体験したい!と思うクオリティに仕上がっている。

    こちらにも膝枕編と同様にVRフィギュア「鑑賞」モードに含まれており、添寝編ならではの4つのシーンが収録されている。

    あ~ん

     

    スマホVRでも自由に移動できる「さむコン」

    samucon

    両手の親指(サム)で画面をタップしながら、視点の高さ変更や前後左右の水平移動、VRアプリには定番のテレポートに、方向展開。さらには、写真撮影まで行えるGugenka独自の操作方法「さむコン」の実装。

    アングル変更などが簡単に行えるので、「鑑賞」モードでは様々な視点からレム・エミリアの姿を確認でき、平面では見えない部分まで見ることができるのもファンには嬉しい。

     

    「さむコン」ゴーグルの作り方

    img_00

    「さむコン」ゴーグルを、ダンボール型VRゴーグルで制作する場合、カッターなどで下部に穴をあける加工が必要です。

    上記の画像を参考にひし形にくり抜いて、親指で操作できる空間を作りましょう。

     

    アプリ情報

    remuuu

    タイトル VRでレムと異世界生活
    発売日 5月26日
    価格 膝枕編、添寝編 各960円
    対応OS iOS / Android
    動作環境 iOS9.0以降 / Android 4.4以降
    マーケットURL <Android>
    膝枕編
    https://play.google.com/store/apps/details?id=com.csreporters.remhizamakura
    添寝編
    https://play.google.com/store/apps/details?id=com.csreporters.remsoine
     
     
    <iOS>
    膝枕編
    https://itunes.apple.com/us/app/id1235385288?l=ja&ls=1&mt=8
    添寝編
    https://itunes.apple.com/us/app/id1235385293?l=ja&ls=1&mt=8
    タイトル VRでエミリアと異世界生活
    発売日 6月9日
    価格 膝枕編、添寝編 各960円
    対応OS iOS / Android
    動作環境 iOS9.0以降 / Android 4.4以降

    © 長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会 © Gugenka from CS-REPORTERS.INC


    2012年よりスマホゲーム専門メディア「アプリ★ゲット」で記事執筆・編集・メディア運用・アライアンスなどを担当。

    最新ニュースを読む