「Skyrim VR」が開発中?「Fallout」シリーズと「The Elder Scrolls」シリーズはひとつの世界を共有する? | VR Inside

VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

「Skyrim VR」が開発中?「Fallout」シリーズと「The Elder Scrolls」シリーズはひとつの世界を共有する?

2017/06/08 11:23

海外掲示板サイト4Chanに「Fallout 4 VR」を開発中もベセスダが、「Skyrim VR」も開発中というリークが書き込まれた。リームの真偽は定かではないが、ベセスダは「Fallout」シリーズをはじめとしたフランチャイズのすべてをひとつの世界に連結することも計画中、とのこと。

海外メディアUploadVRは、Skyrim VRに関するリーク情報を報じた。

20170608-skyrim-1

「Skyrim」って何?

同メディアがリーク情報を報じたゲームタイトル「Skyrim」とは、そもそもどんなゲームなのか?

同タイトルは、ベセスダ・ソフトワークスが開発するオープンワールドのアクションRPG「The Elder Scrolls」の5作目にあたるもので、2011年11月11日に日本を除く地域でリリースされ、同年12月8日に日本でも発売された。対応ハードは、Windows PC、Xbox 360、PlayStation3である。

同タイトルは、3つのハード合計で1000万本を超えるヒットになり、売り上げは約6億5000万ドル(約700億円)を記録し、シングルプレイ専用RPGとしては空前の大ヒットとなった。ちなみに日本では、3つのハード合計で43万本以上のセールスを記録した。

同タイトルはいわゆる「剣と魔法」の世界観を採用しており、ヒトだけではなくエルフも登場するのだが、同タイトルの最大の魅力は高精細に描かれた広大な世界を自由に移動できることにある。同タイトルの雰囲気を実感するには、公式トレーラー動画を見るのがいちばんよいだろう。

動画を見るとわかるように、本メディアで度々報じているゲームシリーズ「Fallout」と同様に、同タイトルは仮にVRで完全再現できたら新たに「VRオープンワールドゲーム」市場が勃興することが明白なキラーコンテンツ候補である。

「Fallout4 VR」も「Sktrim VR」も壮大な世界の一部?

同メディアが報じた同タイトルに関するリーク情報は、海外掲示板サイト4Chanにハンドルネーム「poster」なる人物によって書き込まれた。その一部を以下に引用する。

ぼくはベセスダに通じている人間だけど、これからみんなにベセスダの未来計画とE3に関してリークするよ。その前に、ぼくはベセスダ・ソフトワークスのことだけリークして、パブリッシャー(同スタジオの親会社ゼニマックス・メディアのことか)に関しては何も知らないことを言っておく。

まず今度のE3では、ベセスダからメジャータイトルの発表がある。

メジャータイトルの発表はふたつあって、Fallout 4 VRとStarfieldだ。

もちろんベセスダはSkyrim VRも開発中だけど、そのことを発表しちゃうとFallout 4 VRとStarfieldからファンの注意が逸れてしまうと思っていて、たぶんE3ではSkyrim VRのことは発表されないと思う。

...Starfieldは、ベセスダのオープンワールド・ゲームのスタイルを踏襲したSF的な世界観のゲームだ。まだ検討中の段階だけど、種族は5~10種類になるらしい。

そして、このゲームの世界はFalloutシリーズの世界からはるか遠く、地球からも離れた遠い未来という設定になるらしい。このゲームを含めて計画中のことは、(「Fallout」「The Elder Scrolls」といった)ベセスダのすべてのフランチャイズをひとつの世界に連結することなんだ。

...(ベセスダのフランチャイズがひとつとなる)世界の基礎となるのはFalloutシリーズでタイムラインのはじめとなり、Starfieldがその次の時代の世界、そしてThe Elder Scrollsシリーズがいちばん未来の世界となる。

以上のリークに関連するベセスダからの公式発表は何もなく、リークを裏付ける物的証拠も何もない。つまり、上記リークは信憑性には乏しいと言わざるを得ない。ただ、単なる「与太話」にしては、少々手がこんでおり、そして何より「面白い」のだ。このリークは、信じたくなる「夢」を語っているに過ぎないのかも知れない。

少し冷静になってリーク情報を吟味すると、ベセスダのフランチャイズをひとつの世界に連結するというのは壮大すぎるとしても、Falloutシリーズ以外もVRに移植するという見方は十分にあり得ることだ。ただし、VR移植が続くのには「Fallout 4 VR」のゲームとしての完成度が高く、セールス的にも成功した場合に限られるだろう。

さらに言えば、異なるシリーズをひとつの世界に連結するというアイデアは真新しいものではなく、例えばコンテンツの分野は異なるが、大作アメコミ映画を制作しているマーベル・スタジオが採用している。同スタジオは「マーベル・シネマティック・ユニバース」という世界観のもとで、アイアインマン・シリーズやキャプテン・アメリカ・シリーズをひとつの世界に統合してファンを熱狂させることに成功した。ちなみに同映画シリーズは、映画シリーズの興行収入において「ハリー・ポッター」シリーズを抜いて1位となり、現在もその記録を更新している。

以上のリークの真偽は別にしても、Fallout 4 VRがE3 2017において発表されるのは確実であり、同タイトルが成功するかどうかはVRゲーム業界の未来を大きく左右することであるには変わりない。そして、願わくば同タイトルがVRゲームの新次元を切り開いて、skyrim VRも登場することを待ちたいものだ。

Skyrim VRに関するリーク情報を報じたUploadVRの記事
https://uploadvr.com/leaked-roadmap-claims-bethesda-working-skyrim-vr/

Skyrim VRに関するリーク情報が掲載された掲示板サイト4Chanのスレット
http://boards.4chan.org/v/thread/378744236/bethesda-leaks

吉本幸記


千葉県在住のフリーライター。ITエンジニアとしてスマホアプリの開発等に携わった後、 フリーライターとして独立。VRをはじめとした最新テクノロジーがもつ社会変革の可能 性に注目している。 http://resume21century.blog.fc2.com

最新ニュースを読む