新しいアートフォームとなるか!?Tilt Brushを使った作品たち | VR Inside

VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

新しいアートフォームとなるか!?Tilt Brushを使った作品たち

VRは今アートのフォームとしても注目が集まっており、Tilt Brushなどを使ったアーティストのユニークな作品などが話題を呼んでいる。今回はその中からStuart Campbell氏を紹介する。

VRは今アートのフォームとしても注目が集まっており、Tilt Brushなどを使ったアーティストのユニークな作品などが話題を呼んでいる。

tiltbrush-stuart-campbell VR

今回はその中からStuart Campbell氏を紹介する。

Stuart Campbell氏は2Dアーティストだが、彼の独特のスタイルをうまくVRアートに生かしている。

作品のコード:

この動画では四つのスタイルを四つの部屋でミニギャラリーのように見せている。

またこの作品はVRスペースの中での空間の使い方を実験的に試した動画でもあり、他のアート作品参考にもなる。

作品2コード:

Campbell氏はTilt Brushの音に反応する機能をうまく使い、アートにアクションを加えている。

このリアクティブブラシを使い、ポーズのシリーズをアニメートすることでブラシのストロークに動きが加わっている。

この作品ではVRの特性を生かし、作ったものの中をトンネルをくぐるように入っていく体験ができる。

彼の作品はどれもVRアートの可能性を十分に感じられるものだ。

今後もVRが発展していくにつれ、さらに新しい革新的な作品が生み出されるようになるだろう。

Stuart Campbell氏ウェブサイト
http://www.sutueatsflies.com/

参照元URL:http://www.roadtovr.com/artists-taking-to-tilt-brush-with-incredible-results-virtual-reality-art/

     

     

koide yutaro


これからますます発展すると予想されるVR。コンテンツだけでなくその技術についても非常に気になっている技術系卒です。