Viveportサブスクリプションの対象タイトル数が倍増 | VR Inside

VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

Viveportサブスクリプションの対象タイトル数が倍増

Viveportのサブスクリプションプランで対象となるタイトルが75本以上追加され、総数が150を超えたという。発売されたばかりの作品や、Viveでしか利用できない独占タイトルも含まれている。体験型のコンテンツだけでなく動きの速いゲームも多くなっており、VRゲームを遊び慣れたゲーマーも満足できるだろう。

Viveportサブスクリプションに75以上のタイトルが追加

追加された対象タイトルは75を超える

今年の初めに発表され、春になって正式にサービスの提供がスタートしたViveportの定額プラン、Viveport Subscription。このサブスクリプションプランでは、月額料金(日本では800円)を支払うことで対象となるVRコンテンツから5本を自由に選んで利用できる。

コンテンツへの出費を抑えて多くのVRゲームを試せるプランだが、対象となるタイトルの数は多くなかった。このプランが強化され、対象タイトルが75以上も増加したという。この追加により、対象タイトル数は追加前のほぼ倍となっている。

Viveport Subscription

サブスクリプションの人気タイトル

開始時のタイトル数

Viveportが提供するサブスクリプションプランには、サービス開始当初から50以上のタイトルが用意されていた。月に利用できるコンテンツは最大でも5タイトルに限られるので、サブスクリプションプランのみで全てを利用するには10ヶ月以上かかる計算だ。

もっとも、実際には全てのユーザが毎月5本の新しいタイトルを試すとは限らない。Viveport Subscriptionではその月に利用したいタイトルを5本選ぶことになるため、前の月に利用して気に入ったアプリ・手はつけたがまだクリアしていないゲームを連続して選ぶユーザも多いはずだ。

50本だけでも短期間で遊び尽くすのは難しい量だが、中には全く興味のないタイトルもあるだろう。現在はサービス開始直後の3倍近い150タイトル以上がサブスクリプションの対象として提供されており、遊ぶものがなくなる心配はしなくても良さそうだ。

4月の人気タイトル

サブスクリプションサービスの開始から一月が経った4月の末、HTCはブログでサブスクリプションプランの人気タイトルを発表している。その記事によれば、ユーザが4月に選んだアプリのベスト3は以下のタイトルだ。

  1. Everest VR
    Everest VRは、世界最高峰として名高いエベレストへの登山を体験できるVRコンテンツだ。限られた登山家でなければ挑戦すら許されない厳しい環境だが、VRを使えば複数の登山ルートを選んで攻めることが可能だ。
    激しい戦闘や空中でのアクションがあるゲームではないため、VRに慣れていないユーザにもピッタリのコンテンツとなっている。
    初登頂を果たした登山家が取ったルートをなぞることもできるようになっており、山好きも満足できるだろう。
  2. theBlu
    山の次は海、海中の探検を楽しめるコンテンツだ。巨大なクジラや一面のサンゴ礁に接近することができる。スクリーンショットが撮影できる機能で水中カメラマン気分も味わえる。
    Everest VR同様にtheBluもゆったりしたタイトルだ。
  3. Fantastic Contraption
    他の2つは体験コンテンツだが、最後のFantastic Contraptionは物理パズルだ。自由な発想でパーツを組み合わせ、自分だけの解法を見つけ出す頭の体操が楽しめる。

新規追加タイトル

多数のタイトルが追加された

サービス開始直後の4月にはVRへの入門に適したタイトルが人気だったようだが、ユーザがVRに慣れた5月や6月には人気のタイトルも変化しているだろう。多数のタイトルが追加されたことで、来月にはまた大きなランキングの変動が起きるかもしれない。

追加されたタイトルにはシューターや一人称視点のRTSなど、忙しい作品も多い。VRゲームを遊ぶことに慣れたユーザでも楽しめるラインナップと言えるのではないだろうか。

今回追加された作品には、6月にViveportに登場したばかりの最新のタイトルやViveportでしか利用できない独占タイトルも含まれている。

Viveport独占タイトル

VRゲームは複数のプラットフォームに対応して発売されることも多くなっているが、特定のプラットフォームでしか利用できない作品もある。以下のタイトルは、(現時点では)HTC Viveのユーザのみが遊べる作品だ。

Viveportのサブスクリプションプランを利用しているならば、特別な追加コスト無しに利用できる。まだ5本の利用タイトルが決まっていないならば、選んでみるのも良いのではないだろうか。

  • Amazing Playground
  • Baseball VR
  • Brain Voyagers: Ricochet
  • BreakDownVR (The Outlaw)
  • Building Panic
  • Cargo Cult: Shoot’n’Loot
  • Cube Monster
  • Dawn
  • Dinosaur Park
  • Earthquake and Fire Simulator VR
  • Escape from Dinosaur Island
  • Eternity Warriors VR BETA
  • Fairvalley
  • Final Honor
  • High Noon
  • InfiniteHorror
  • Moving maze 1.1
  • Playing with blocks
  • Road of Light VR
  • run
  • Slingshot Cowboy VR
  • Tales Of Glacier
  • The Walker Killer
  • TRANCE VR
  • Unearthing Mars
  • Virush
  • Vision Origin
  • vSpace Lunar
  • Wings of Peace VR: DayBreak
  • Woeful Woebots

HTCが公開したブログ記事には、サブスクリプションの対象として追加された全タイトルのリストも掲載されている。

 

参照元サイト名:Viveブログ
URL:https://blog.vive.com/us/2017/06/08/viveport-subscription-new-titles/

ohiwa


ライター兼システムエンジニア。VR・ARには、「SFっぽい!」というシンプルな理由で興味を持つ。仕事以外ではボードゲームやTRPGで遊び、本を読んで花を育てるアナログ人間。万年筆と着物・和菓子が好き。

最新ニュースを読む