VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

【VRニュース一気読み】VRが一般の消費者に根付くための3つのポイント 他

2017/10/27 12:00

Oculus Rift

忙しいあなたのために、10月26日の人気記事TOP5をまとめて、ご紹介する「VRニュース一気読み!」

最も読まれていた記事は、VRが一般の消費者に根付くための3つのポイントを報じた記事でした。

ニュースの詳細が気になる方は、記事の詳細をクリックして記事をチェックしてください。

【1位】VRが一般の消費者に根付くための3つのポイント

Oculus Rift

新パッケージになって値下げされたOculus Rift

2016年には一般消費者向けのVRヘッドセットが次々と発売されたが、2017年の終盤になってもVRを体験したことがない、自宅にはVRデバイスがないという消費者が多い。ゲームコンソールへの投資を惜しまないゲーマーやコアなIT好きはいち早くHTC ViveやOculus Riftを入手しているが、それ以外の層への拡大はゆっくりとしたペースだ。

この記事の詳細はコチラから

【2位】ド迫力!陸上自衛隊『富士総合火力演習』をVR動画で配信開始

!陸上自衛隊『富士総合火力演習』をVR動画で配信開始

株式会社360Channelは、360度VR動画専用配信サービス「360Channel(サンロクマルチャンネル)(https://www.360ch.tv/)」にて、8月末に行われた「平成29年度 富士総合火力演習(通称:総火演)」を360度撮影した映像を2017年10月26日(木)より配信した。

■動画URL:https://www.360ch.tv/videoview/721

この記事の詳細はコチラから

【3位】PSVR専用タイトル「クーロンズゲートVR suzaku」がPS Storeにて発売

VRPS Storeにて10月26日(木)に、PSVR専用タイトル「クーロンズゲートVR suzaku」と、本編とPlayStation®4用『クーロンズゲートVR suzaku』テーマがセットになった「ハッピーアワーセット」の発売が開始されている。

価格は「クーロンズゲートVR suzaku」が4,298円で、ハッピーアワーセットが4,698円(いずれも税込み)。

この記事の詳細はコチラから

【4位】VRでNBAの試合を見ることのメリットとデメリット

NBAの試合をVRで

試合の展開が早すぎて着いていけない可能性もある

VRデバイスで視聴可能なVR映像コンテンツの1ジャンルとして広まりつつあるのが、スポーツの試合だ。試合のハイライトだけでなく、全編をVRで配信したり、リアルタイムにライブ配信が行われたりすることもある。バスケットボール以外にも、サッカーや野球、アメフトといったスポーツのファンにとっては嬉しい時代だ。

この記事の詳細はコチラから

【5位】東海テレビがVRアプリ連動番組を地上波放送!ジョリーグッドのAI活用も

VR東海テレビ放送株式会社(愛知県名古屋市、代表取締役社長:内田優、以下 東海テレビ)は、株式会社ジョリーグッド(東京都中央区、代表取締役:上路健介、以下 ジョリーグッド)と共同開発した、VRアプリケーション「VR TOKAI」にて、地上波とアプリケーションの両方で楽しめる旅番組「BOYS AND MENの絶景×絶景」(毎週木曜 21:54〜22:00放送予定)を、11月2日(木)より放送が予定されていることを発表した。

この記事の詳細はコチラから

総括

昨日最も読まれた記事が、VRが一般消費者に向けて根付く為のポイントが紹介されました。
利用したユーザーがまた体験したくなる!自分でデバイスを購入して初めたくなる!など、どのタイミングを根付いたというのかは、厳密に基準があるわけではありません。今の日本VR市場だけを見た時には、根付くの一段階前なのではないかと感じました。

現状は、「VRを体験してみる」の時点でハードルが、あると考えています。
VR関連の業界にいると麻痺する時もありますが、そもそもVRを知っている人や興味を多少もっている人口はどれぐらいのでしょうか?東京都内では、体験施設も沢山あり、興味を示している若者も増えているのではないかと思います。

ただ、主要ではない都市にいった場合はどうでしょうか?そもそも知る術もない状態であると思います。

私が以前、関西の田舎に帰った際にVRゴーグルを持ち歩き会う人々に「VR体験した事あるか?」「VRを知っているか?」と問いかけて回った事がありました。
一般の方は、ほぼ知りませんでした・・・ビジネス関連でお会いする人にも聞いて回り、色々な可能性などもお話させて頂きましたが、ピンっときた人は正直殆どいませんでした。

ただ、その時にVRゴーグルを被ってもらい体験してもらうと殆どの人は驚き同じ顔つきをしていました!なので根付かす事も重要ですが、当たり前に体験できる機会がどれだけ身近にあるかも非常に重要だなと感じました。


いかがでしょうか?次回も話題のVRニュースをまとめてご紹介します!

「VRニュース一気読み!」は、平日は毎日 12:00に公開します。明日もお楽しみに。


モバイルコンテンツ企業の(株)エムティーアイ、クルーズ(株)にてIT業界におけるコンテンツ事業に従事しその後、メディア運営企業、スパイシーソフト(株)に入社。 現在は同社執行役員兼VR専門メディア「VRinside」編集長を兼務。 1975年生まれの41歳。 詳しくはこちら

最新ニュースを読む