VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

【VRニュース一気読み】VRヘッドセットのメーカーは殺人ゲームへの投資を避けるべき? 他

2017/11/08 12:00

忙しいあなたのために、11月7日の人気記事TOP5をまとめて、ご紹介する「VRニュース一気読み!」

最も読まれていた記事は、VRヘッドセットのメーカーは殺人ゲームへの投資を避けるべき?と報じた記事でした。

ニュースの詳細が気になる方は、記事の詳細をクリックして記事をチェックしてください。

【1位】VRヘッドセットのメーカーは殺人ゲームへの投資を避けるべき?

Arizona Sunshine

ゾンビにヘッドショットを決める(Arizona Sunshine)

テレビゲームのジャンルは豊富にあり、テーマとなるものも様々だ。シミュレーションゲームでも、経営者としてレストランや会社を成長させていくもの、動物を育てるもの、国を発展させて世界の覇者になるものなど幅広い作品が作られている。特定のシリーズしか遊ばないようなゲーマーからあらゆるゲームを楽しむゲーマーまで、プレイヤーとゲームとの付き合い方も様々だ。

この記事の詳細はコチラから

【2位】マイクロソフトがホログラフィックディスプレイの特許を取得

SF映画さながらの立体映像が実現する日も近い?

SF映画さながらの立体映像が実現する日も近い?

パソコンのOSとしてメジャーな存在となっているWindowsで知られるマイクロソフトは、視覚化技術の分野でも存在感を強めている。

自社開発の専用MRデバイスHoloLensはまだ開発キットながら、来月からヨーロッパで販売地域が拡大される。Windows Mixed Realityに対応するヘッドセットは複数のメーカーが開発・製造を行っており、今年の末から来年にかけてヘッドセットの選択肢が増えるはずだ。

この記事の詳細はコチラから

【3位】ソニーがアメリカでPSVRとスカイリムのバンドルパッケージを発表

新型PSVRとスカイリムのバンドル

発表された新型PSVRとスカイリムのバンドル

ソニーのPSVRは、HTC ViveやOculus RiftといったPCベースのVRヘッドセットと比較すると安価なデバイスだった。ViveやRiftは本体とコントローラーが8万円から10万円程度で販売されており、動作させるには本体の他に高性能なゲーミングPCを用意する必要があったため、PSVRを使ったVRシステムに比べて構築の総額が大きかったのだ。

この記事の詳細はコチラから

【4位】VRを手軽に体験できる「DMMポイント+VRゴーグルセット」セブンとファミマで販売開始

DMMポイント+VRゴーグルセット パッケージ
株式会社DMM.com(http://www.dmm.com/)は11月6日から(※1)全国 のセブン‐イレブンおよびファミリーマート各店舗(一部取扱いのない店舗あり)で、インコム・ジャパンのPOSA技術(※2)を利用してDMMポイント+VRゴーグルセットの販売を開始した。

また、本商品を購入したうえ、DMMポイントをチャージするとさらに400ポイントがもらえる(※3)、ポイント増量キャンペーンが2018年1月31日まで実施されるということだ。

この記事の詳細はコチラから

【5位】VRに「風」の体験をもたらすアクセサリー「ZephVR」が、クラウドファンディングで資金調達中


VRヘッドセット装着者に、「風」の体験をもたらすアクセサリー「ZephVR」が、クラウドファンディングサイトKickstarter上で資金調達を実施中だ。

開始からわずか数日しか経過していないにもかかわらず、既に目標金額である3万ドルを調達し終えており、高い注目度を集めている様子が伺える。

この記事の詳細はコチラから

総括

昨日4位に入った記事で、DMM.comから、全国のセブンイレブンとファミリーマートで、VRゴーグルを販売するニュースがありました。
こちらは非常に良い取り組みだなと感じました、DMMポイントとVRゴーグルがセットで購入でき、更に購入後ポイントをもらうことができるプランです。

良いと思った点は、まず一般ユーザーが常に訪れる大手コンビニでの全国展開である事、男性向けコンテンツは大々的にアピールできないので、ポイントという価値でユーザーがコンテンツを選択できる手法、パッケージ自体は『刀剣乱舞』など女性も違和感をもたないコンテンツラインナップを提示している事。

VR体験をしたことなく、男性向けコンテンツを目的にしている人は、そもそもパッケージなどからではなくマーケットから、自身で能動的にコンテンツを探すので、ポイントのキャンペーンでお得感を得られる事から、VRに興味があったので体験してみようと思う。

それ以外の一般ユーザーは、コンビニという場所での展開から多くのタッチポイントが出来るので、そこから興味をもってくれた人が購入に至る。

VR市場として良いことは、家電量販店などではなく全国の大手コンビニで大々的に販売される事から、一般の人にVRという存在を知ってもらう事で認知があがるのではないでしょうか?

このような取り組みが積み上がっていき、VRの普及にも繋がるのではないかと期待したいです。


いかがでしょうか?次回も話題のVRニュースをまとめてご紹介します!

「VRニュース一気読み!」は、平日は毎日 12:00に公開します。明日もお楽しみに。

VRInside編集長 村山章


モバイルコンテンツ企業の(株)エムティーアイ、クルーズ(株)にてIT業界におけるコンテンツ事業に従事しその後、メディア運営企業、スパイシーソフト(株)に入社。 現在は同社執行役員兼VR専門メディア「VRinside」編集長を兼務。 1975年生まれの41歳。 詳しくはこちら

最新ニュースを読む