VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR 脱出ゲーム「エニグマスフィア:ライブラ」が10 月 11 日より梅田ジョイポリスに登場

2017/10/06 18:20

    エニグマスフィア

    VR 脱出ゲーム「エニグマスフィア」がパワーアップして登場。
    「Enigma Sphere : Libra(エニグマスフィア:ライブラ)」が10 月 11 日より梅田ジョイポリスに降臨!
    エニグマスフィア:ライブラ
    エニグマスフィア:ライブラ2

    ダイナミックな仕掛けが満載「いい意味」でのイライラ感と爽快感が増量!

    株式会社よむネコ(本社:東京都中央区、代表取締役:新清士)が、CA セガジョイポリス株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:吉本 武)が運営する、大阪梅田の HEP FIVEにある屋内型遊園地「梅田ジョイポリス」にて、2017 年 3 月からサービスを続けているVR 脱出ゲーム「エニグマスフィア」の新装版「Enigma Sphere : Libra(エニグマスフィア:ライブラ)」の稼働を開始します。

    今まで以上に VR ならではの体験度が増し、さらに熱中して遊べるようになりました。稼働開始は 10 月 11 日を予定しています。
    (※オリジナル版は「Enigma Sphere : Taurus(エニグマスフィア:タウラス)」として、今後もプレイ開始時に選択可能です)
    【梅田ジョイポリス概要】
    会社名:CA セガジョイポリス株式会社 梅田ジョイポリス
    所在地:大阪府大阪市北区角田町 5‐15「HEP FIVE」8F・9F
    公式ホームページ: http://umeda-joypolis.sega.jp/
    アクセス:阪急・地下鉄梅田駅より徒歩3分、JR 大阪駅より徒歩5分

    エニグマスフィア

    「ライブラ」では、エニグマスフィアの世界観に浸りながら楽しめる「ストーリーモード」と、制限時間内にスフィア(球)の破壊数を競う「スフィアアタックモード」の基本的な構成はそのままに、ステージ内の仕掛け(ギミック)を新しく設計しなおしました。

    新ステージでは、ハンマーを投げてスフィアを壊す楽しさ・爽快感はそのままに、隠されたスフィアを探すギミックの幅が広がり、また、ハンマーを投げる正確さや投げ方の工夫などが求められます。
    マルチプレイによる友達との協力プレイでは盛り上がること間違いなしのステージ内容です。

    また、要望の多かった英語版を搭載し、梅田ジョイポリスに来場される多くの海外観光客の方にも、スムーズに遊んで頂けるように対応しました。

    「エニグマスフィア」とは

    遥か彼方より正体不明の機械生命体が現れ、私たちの青く美しい地球を壊滅に追い込もうと、破壊兵器を地表に設置したところから物語が始まります。
    「エニグマスフィア」は、①各ステージに仕掛けられた謎を解き、②さまざまに隠された「球体(スフィア)」を見つけて、③ハンマーなど武器を使い破壊する、脱出ゲームをモチーフとしたアクションパズルゲームです。

    ネットワーク通信により2人同時プレイが可能となっており、リアルタイムのボイスチャットやハイタッチの機能などが実装されており、リアル空間での脱出ゲームに近いコミュニケーションの楽しさを、VR空間でも存分に楽しめる内容となっています。
    プレイヤーがスーパーエージェントとなり任務について謎を解き、脱出を目指す「ストーリーモード」、3 分の制限時間内の専用ステージでスフィアをできるだけたくさん破壊する「スフィアアタックモード」が用意されており、「ノーマル」「ハード」の 2 種類の難易度を選択できます。

    「Enigma Sphere : Libra(エニグマスフィア:ライブラ)」のスクリーンショット

    エニグマスフィア1
    エニグマスフィア2
    エニグマスフィア3

    梅田ジョイポリス「エニグマスフィア」コーナーの様子

    (写真は 2017 年 7 月のもの)
    エニグマスフィアコーナー1
    エニグマスフィアコーナー2
    エニグマスフィアコーナー3

    株式会社よむネコ概要

    【会社概要】
    会社名:株式会社よむネコ
    本社:東京都新宿区西新宿 4-34-7 住友不動産西新宿ビル 5 号館 3 階
    設立:2013 年 5 月
    代表者:新清士
    事業内容:VR ソフトの企画・開発・運営

    エニグマスフィアはSteamで配信中

    エニグマスフィアはSteamからのダウンロード販売でHTC Viveで遊ぶことが出来ます。※「Enigma Sphere : Libra(エニグマスフィア:ライブラ)」は配信されていません。
    エンハンスド版では「ストーリーモード」以外に難易度と制限時間を設けた「チャレンジモード」、ハイスコアを競う「スフィアアタックモード」の3つのモードで遊ぶことが出来ます。

    HTC Vive製品紹介

    「HTC Vive」は、「HTC Desire」などのスマートフォンメーカーとしても知られるHTC社が開発・発売しているVRヘッドマウントディスプレイ。

    他のVRデバイスが、基本的にVRデバイスの着用者が動き回ることを想定しないないのに対し、「HTC Vive」は部屋そのものをVR空間化することをコンセプトに設計されている。「HTC Vive」着用者の位置は、2基のベースステーションを設置して行う。これによって、4.6m×4.6mの範囲をVR空間化することが可能。

    また、着用者が動き回ることから、ヘッドマウントディスプレイには衝突を検知する安全システムが備わっている。

    なお、「HTC Vive」を使ってVRコンテンツを楽しむためには、「HTC Vive」に対応したスペックを持つPCと、VRコンテンツが別途必要。

    対応スペックは一般的なゲーミングPCよりも高いものが要求されるため、「HTC VIVE VR Ready」という認証が用意されている。

    項目 HTC Vive
    価格 \99,800(税別)
    内容 「HTC Vive」本体に、標準コントローラー2個とベースステーションなど一式が揃ったパッケージ。


    VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連した最新情報を配信します。

    最新ニュースを読む