VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

5G時代を見据えてARとVPS技術を活用!DGとKDDIがDXの実証実験を渋谷で実施

株式会社デジタルガレージとKDDI株式会社は、第5世代移動通信システム「5G」時代を見据え、2019年9月21日にARとVisual Positioning Service(VPS)技術を活用し、渋谷の街のデジタル情報と、現実の渋谷の光景をスマートフォンアプリを通じて重ね合わせるデジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)の実証実験を実施することを発表しました。


個人の趣向にあわせた渋谷の回遊ルートを提案

本実証実験で利用するアプリケーションは、デジタルガレージ社とKDDI、株式会社カカクコム、株式会社クレディセゾンの4社で運営する研究開発組織「DG Lab」が開発した、個人の趣向に合わせた施設やランドマークの回遊に最適なルートを提案する機能が搭載されています。

最終到着時間や各地点での所要時間を考慮し、ユーザーの気分に合わせて自動でルートが提示されます。

また、スマートフォンを渋谷の街にかざすと、カカクコム社が運営するレストラン検索・予約サイト「食べログ」に掲載されている飲食店情報などがアプリ画面上にARで表示され、ユーザーが自分好みのお店をより簡単に見つけられる仕組みとなっています。

アプリに搭載予定の機能

■ルートレコメンダー

個人の趣向に合わせた施設やランドマーク回遊に最適なルートを提案

■AR表示モード

スマホをかざすと、以下のようなさまざまな情報が得られます。

渋谷の空に向けると・・・・天気情報

ビルや街並みに向けると・・食べログの飲食店情報

渋谷駅に向けると ・・・・電車の遅延情報



検証後の展望

デジタルガレージ社は、一般社団法人渋谷未来デザインの協業パートナーとして、DG Labを通じ、KDDI社と渋谷未来デザイン、一般財団法人渋谷区観光協会が運営する「渋谷エンタメテック推進プロジェクト」をはじめとする、渋谷を起点とした様々な取り組みを支援します。

さらに、DG Labの5つの重点分野「Blockchain、AI、VR/AR、Security、BioHealth」での研究開発を推進し、実証実験や研究開発を通じて新しい時代に向けた技術の創造を目指しています。

VPSとは

VPS (Visual Positioning Service)とは、従来のGPS (Global Positioning System:全地球測位システム)の発展系と位置付けられ、3Dマップと、スマートフォンなどに搭載されたカメラ越しの画像とを照合し、向きや方位を含むより高精度な位置情報を特定する技術のことです。

まとめ

プレスリリースには実証実験の参加者や詳しい内容について記載されていませんでしたが、参加できるなら、このアプリを試してみたいと思わせるような魅力的なアプリですね。

2020年の5Gの本格利用開始に向け、ワクワクするサービスや便利なアプリが期待できそうですね。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]









VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む