VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

投資 - VR Inside

投資 一覧

VR

2017/09/26   VRニュース

シータが実写VR映像の制作・配信の連携強化を目的とした資本業務提携

株式会社シータは、グリー株式会社、グロースエクスパートナーズ株式会社、グランドデザイン株式会社の3社を引受先とする第三者割当増資を実施した。

VR

2017/09/26   VRニュース

ナディアと読売新聞がXR技術などで共同推進!「新しいコミュニケーション創出」で資本・業務提携

株式会社ナディアと株式会社読売新聞東京本社は、メディアやイベントにおける戦略的xR技術(VR/AR/MR)の活用推進に関して資本・業務提携の契約を締結したことを発表した。

Freefly FF3ヘッドセット

2017/09/25   VRニュース

スマートフォンを使ってVR/AR/MRも体験できるFreefly FF3ヘッドセットが資金を募集中

Freefly VR、Freefly VR beyondといったモバイルVRヘッドセットを開発したProteus LabsがVRだけでなくAR/MRにも対応する新たなVRヘッドセットを開発するために資金を集めている。対応スマートフォンや価格、発売時期といった情報は発表されていないが、スマートフォンのカメラを使って視野角180度のAR/MR体験が可能になるとされている。

値下げされたHTC Vive

2017/08/29   VRニュース

VRハードウェアの値下げを投資家はどう見たか?

HTCがViveの値下げを発表し、PCベースのハイエンドVRヘッドセット(ViveとOculus Rift)はいずれも発売時の価格よりも安く販売されることになった。どのような思惑があるのかは不明だが、ある投資家は価格の引き下げがHTCやOculusに悪影響を与えることはないと考えている。

VR

2017/08/29   VRニュース

VR/AR開発のエンジニアマーケットプレイス「VR/ARrangement」を正式リリース開始!資金調達も実施

NONOME株式会社(本社:東京都渋谷区 / 代表取締役社長:野々目 龍太郎)は、VR/AR開発を依頼したい人を対象としたVR/ARエンジニアをつなぐマーケットプレイス「VR/ARrangement(ブイアールアレンジメント)」の提供を2017年8月28日より開始した。

HTC Vive

2017/08/25   VRニュース

HTCがVive VR事業の先行きを検討中?売却の可能性も

HTCは先日、これまで避けてきたViveの値下げを発表した。その理由はVR事業そのものが再編されるからなのかもしれない。事情に詳しい匿名の情報源によれば、同社はVive事業の独立や売却も含めて顧問との議論を行っているようだ。

イギリス(エディンバラ)の街並み

2017/08/24   VRニュース

イギリスとフランスがヨーロッパにおけるVRコンテンツの制作をリードする

イギリスとフランスはヨーロッパにおけるVR映画制作の中心となっており、ベネチア国際映画祭に出展される22作品のうち8作品がこの二国で作られている。背景には元々映画業界の中心地であったことや芸術・エンターテイメントに対する助成金が整備されていることがあるようだ。

VRスタジオHere Be Dragonsが11億円を調達

2017/08/10   VRニュース

世界的VRスタジオHere Be Dragonsが11億円の資金調達を終了

攻殻機動隊の360度映像などを制作しているVRスタジオ、Here Be Dragonsが11億円に上る資金の調達を終了した。今後、VRだけでなくAR/MR技術を使った作品も制作していくようだ。

2017/08/01   VRニュース

カバー株式会社、総額約3,000万円の資金調達を実施、 AR対応バーチャル版ライブ配信サービスを近日中に提供開始

カバー株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:谷郷元昭)は、みずほキャピタル株式会社(代表取締役社長:齊藤肇)、TLM(ジェネラルパートナー:木暮圭佑)が運営するファンド及び個人投資家を引き受け先とする総額約3,000万円の資金調達を実施し、アニメやゲームを展開する企業が、ファン向けに3Dキャラクターを使ったインタラクティブな番組を生放送できる、AR対応のバーチャル版ライブ配信サービスを近日中に提供開始することを発表した。

AltspaceVR

2017/07/31   VRニュース

ソーシャルVRプラットフォーム『AltspaceVR』資金難により今週閉鎖

2013年に設立されたソーシャルVRプラットフォーム『AltspaceVR』が資金難を理由に今週閉鎖される。現状ソーシャルVRで利益を上げる方法は確立されておらず、ユーザ数を増やして投資を受けることが競争を生き残るための鍵になりそうだ。

Kaleidoscope-logo

2017/07/28   VRニュース

Kaleidoscope、次世代VRプロジェクトが見れるVRイベント「First Look」を開催!

VRクリエーター、ファウンダーのためのコミュニティプラットフォーム、Kaleidoscopeが100以上のVRゲーム、ビデオ、プロジェクトが集まる2日間のVRショーケースイベント「First Look」を開催することを発表した。

2017/07/25   VRニュース

YAXIと共同開発したGEAR VR対応フェイスクッションがCAMPFIREにてクラウドファンディングを開始

VRプラットホーム開発のsilvereye株式会社は、ヘッドホンアクセサリーブランド「YAXI」を展開する有限会社中央工営と共同でレザー調とメッシュ調のGEAR VR対応フェイスクッションを開発し、クラウドファンディング大手「CAMPFIRE(キャンプファイヤー)」にて支援募集を開始したことを発表した。

2017/07/25   VRニュース

理系人材の研究データベースLabBase運営のPOLが、東大人工知能開発学生団体HAITおよび東大VRサークルUT-virtualと提携

株式会社POLは、東大人工知能開発学生団体 HAITおよび東大VRサークル UT-virtualと、理系学生の活動支援を目的に三者提携したことを発表した。

Amitt Mahajan

2017/07/24   VRニュース

2年足らずで33のVR/AR企業に投資したファンド

VR/ARの世界で成功を目指すスタートアップ企業にとって欠かせないのがスポンサーだ。この業界に力を入れるPresence Capitalは、最初に投資を発表した2015年12月からこの7月までの期間で33の企業に平均20万ドルの資金を提供している。

2017/07/19   VRニュース

TYO、VRソフトウェア開発のディヴァースにConvertible Equityによる40万USドルを出資

株式会社ティー・ワイ・オーは、VR(バーチャルリアリティ)ソフトウェアの開発を行うDVERSE Inc.との間で、Convertible Equity(CE型新株予約権)による40万USドル(約4,500万円)の出資契約を本日2017年7月19日に締結した。

Leap Motion

2017/07/19   VRニュース

Leap Motionがフィンガートラッキング技術のために56億円を調達

ワイヤレスのフィンガートラッキング技術を開発するLeap Motionが56億円の資金を調達している。この資金によって上海にオフィスを開設し、アジアを中心に世界へ展開していくという。

VR

2017/07/13   VRニュース

ハコスコがグローバル・ブレインへ第三者割当増資を実施

VR サービスの株式会社ハコスコ(本社東京都渋谷区、代表取締役藤井直敬、以下「ハコスコ」)は、グローバル・ブレイン株式会社(以下、「GB」)が運営する、グローバル・ブレイン6号投資事業有限責任組合(以下、「GB6 号ファンド」)を引受先とする第三者割当増資を実施したことを発表した。

2017/07/13   VRニュース

gumi VRより 米国有力ゲーム開発会社のinXile Entertainmentに4.5MUSDの出資を実行

株式会社gumiは、同社連結子会社である株式会社gumi VRより、米国ゲーム開発会社のinXile Entertainmentに総額4.5MUSD のエクイティ出資及びプロジェクト出資を実行したことを発表した。

Oculus Home

2017/07/13   VRニュース

Oculus Storeだけで100万ドルを売り上げたVRタイトルが複数存在

Oculusは、Oculus Storeだけで100万ドル(1.1億円)を売り上げたコンテンツが複数存在することを明かした。これはVRコンテンツの市場が健全に成長しつつあることを示すもので、将来的にはOculusのようなメーカーによる投資に依存することなくデベロッパーが利益を得られるようになるという。

Palmer Luckey

2017/06/30   VRニュース

Oculus Riftを作ったLuckey、RiftをハックするReviveの開発者に資金援助

Oculus Riftを開発したPalmer LuckeyがRevive開発者への資金援助を行うという。ReviveはOculus Rift専用のVRタイトルをHTC Viveで動作させるためのハックツールで、過去にOculusからブロックされていたこともある。Oculusも最近はオープンプラットフォームに賛同する動きを見せているが、この支援はLuckey個人の思想を反映したもののようだ。