VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

AR - VR Inside - 2ページ

AR 一覧

Apple ARKit

2017/06/06   VRニュース

AppleがiOSにAR機能をもたらすARKitを発表

WWDC 2017において、AppleはiOS 11にAR機能が実装されることを発表した。同時に、新しいARプラットフォーム「ARKit」をデベロッパーに紹介している。

バーチャルメイクスタジオイメージ

2017/06/05   VRニュース

「フルーツギャザリング 銀座インズ」店にてAR技術を駆使した体験型バーチャルメイクスタジオがオープン

パーフェクト株式会社は、エフ・ジー・ジェイ株式会社の運営するビューティーセレクトショップ「フルーツギャザリング」が、6月15日にオープンする銀座インズ店の店頭において、AR(拡張現実)技術を応用したバーチャルメイクアプリ「YouCam メイク」のB2Bサービス「コンサルテーションモード」をカウンセリングツールとして導入し、体験型のバーチャルメイクスタジオをオープンすることを発表した。

RoomCo AR 取り扱いアイテム一覧画面

2017/06/05   VRニュース

ルーム・コーディネート・アプリ「RoomCo AR」に Re:CENO が登場、オンライン・ショップとの連携で商品を自分の部屋に仮想配置して比較検討、購入までがスムーズに

株式会社リビングスタイルは、ルーム・コーディネート・アプリ「RoomCo AR (ルムコエーアール)」の掲載アイテムに株式会社 Flavor (本社: 京都府京都市、代表取締役: 吉野宗一郎/山本哲也) のインテリア・ブランド「Re:CENO (リセノ)」の商品 346 アイテムが追加されたことを発表した。

AR

2017/06/04   VRニュース

街歩きナゾトキRPG「ミライ物語」へ街歩きARパッケージを提供

株式会社未来ボックスは、パシフィコ横浜と、DAS株式会社が、横浜市内の回遊プロジェクトとして『横浜街歩きナゾトキRPG』を用いて行う、『横浜謎解きタウン化計画』プロジェクトに参画し、マイクロスポットデータの配信、および街歩きARパッケージを利用したスマートフォンアプリケーションの企画・開発・運用を担当することを発表した。

ARで相手に指し示す

2017/06/02   VRニュース

ARで空中に書き込みできる「プロジェクト・チョーク」がコミュニケーションを変える

ARを利用して空中にメッセージを書き込めるプロジェクト・チョークが発表された。今年の秋にはスタンドアロンアプリの提供が予定されている他、Vuforiaプラットフォームでアプリを開発するデベロッパーはSDKを利用してこの機能を組み込むことが可能だ。

写真 2017-06-01 9 03 25-iloveimg-resized-iloveimg-resized

2017/06/01   VRニュース

JVRSレポートーARが製造業にもたらす変革

5月30~31日にかけて開催されたJapan VR Summit 2017にて行われたセッションおよび展示から、ARデバイス市場の現状、ARの製造業における役割、およびHoloLensのビジネス活用例について考察する。

keynote_icatch

【de:code 2017】MR関連セッションレポートまとめ

decode2017のMR関連セクションの中から、VR Insideが取材したセッションのレポートをまとめてご紹介しているページです。

20170531_aryzon_icatch

2017/05/31   VRニュース

スマホとCard boardライクなガジェットを使ってHololensのようなAR体験ができる「Aryzon」資金調達に成功

スマホとGoogle Cardboardのようなガジェットを使ってHololensのようなAR体験を可能とする「Aryzon」がKickstarterで資金調達に成功した。同デバイスは、反射板を使うことでスマホに表示されたオブジェクトをホログラムのように表示する。

ARでガイドが表示される

2017/05/30   VRニュース

ARが空港で乗客をガイドする

空港や航空業界でのARの採用が進んでいる。ガトウィック空港では、ARによって構内のナビゲーションが可能なシステムが構築されている。個人の道案内だけでなく、利用者の密度を収集することで流れの効率化にも活用できるという。

20170530_armarket_icatch

2017/05/30   VRニュース

ついに誕生した「モバイルAR市場」を制するのは誰か?

海外メディアVenturebeatは、モバイルAR市場の業界マップと各企業のポジションを考察した記事を掲載した。Facebookの宣言によって誕生した同市場をけん引するのは、同社とAppleであると予想される。

de:code 2017 セッション「HoloLens - 真のエンジニアが知るべき実装」

【de:code 2017 #2】「HoloLens - 真のエンジニアが知るべき実装」セッションレポート

2017年5月24日(水)に開催された日本マイクロソフト社主催の開発者向けイベント「de:code 2017」にて、日本マイクロソフト エバンジェリスト 千葉慎二さんのセッション「HoloLens - 真のエンジニアが知るべき実装」に参加してきたのでレポートします。

de:code 2017 セッション「本気で始める HoloLens - プラン・設計・開発の勘どころ -」

【de:code 2017 #1】Hololensのスイートスポットは1.25mから5m!「本気で始める HoloLens - プラン・設計・開発の勘どころ -」セッションレポート

2017年5月23日(火)に開催された日本マイクロソフト社主催の開発者向けイベント「de:code 2017」にて、日本マイクロソフト テクニカルエバンジェリスト 高橋忍さんのセッション「本気で始める HoloLens - プラン・設計・開発の勘どころ -」に参加してきたのでレポートします。

Meta 2の製造

2017/05/29   VRニュース

MetaのAR開発者キットMeta 2の製造に遅れが発生

2017年中に1万台を出荷すると言われていたARヘッドセット「Meta 2」の出荷が遅れている。開発元のMetaは「トラブルは既に解決し、すぐにより大規模に生産される」と説明しているが過去の実績・現状・見通しのいずれについても明かされていない部分が多い。

窓の向こうにAR

2017/05/26   VRニュース

「DeepFrame」はARを一緒に見られる窓になる

デンマークのRealFictionが64インチの大型ディスプレイを備えたAR(MR)デバイス「DeepFrame」を開発した。複数のユーザが同時に利用できるこのデバイスは、企業が開催するイベントやテーマパークのアトラクションなどでの利用に適している。

アメリカにおけるARユーザ数の変化

2017/05/26   VRニュース

ARの普及に貢献するFacebookとSnapchat

eMarketerの調査によれば、アメリカでARを使用するユーザが増え続けている。Snapchat Lensesがその増加を牽引しているとみられ、今後はFacebook StoriesもARユーザを増やす原動力になりそうだ。消費者向けARの普及は、コンテンツがその鍵となる。

ソニーの特許にあるコンタクトレンズ

2017/05/25   VRニュース

ARコンタクトレンズの可能性

ARコンタクトレンズの研究は10年前から行われている。しかし部品の小型化や電力の確保といった問題が解決できておらず、各企業も特許を取得するのみとなっているようだ。ARとの相性が非常に良いスマートコンタクトレンズだが、実用化にはかなり長い時間がかかるとみられる。

過酷な環境にも耐えるARグラス

2017/05/25   VRニュース

ARのような技術が労働者の能力を「拡張する」

人間の能力を拡張してくれる様々なテクノロジーを使うことで、日々の労働は安全になったり簡単になったりする。ロボットに仕事を取られると恐れるよりも、技術を上手く活用する方法を考える方が良さそうだ。

VR

2017/05/23   VRニュース

心おどる!かざす未来のアートARワンダーランドが2017年7月22日(土)から名古屋・テレピアホールで開催

東海テレビ放送は、体験型展示イベント「心おどる! かざす未来のアートARワンダーランド」をテレピアホール(名古屋市東区東桜1-14-25 テレピアビル2F)にて2017年7月22日(土)~9月3日(日)の期間で開催すると発表した。

VRヘッドセットを付ける学生

2017/05/23   VRニュース

教育にARを取り入れるべき理由

アメリカでは教育の現場にVRを取り入れる動きが広がっているが、ARもまた教育での利用が期待されている技術だ。コストの低さや実践トレーニングとの親和性などARならではの強みもあり、大きな市場になる可能性がある。

20170523_vrar_icatch

2017/05/23   VRニュース

VRよりARのほうが成長する、と考え始めている開発者もいる。が、「VRとARの差」って何?

2017年5月初めに開催されたUnity主催の開発者会議では、ARとVRのどちらが成長するか議論された。市場予測のなかにはARがより成長するとするものもある。しかし、ARとVRはやがてひとつのものになるのではなかろうか。